Categories

New Entries

Recent Coments

Recent Trackack

Archive

Profile

Blog People

Link

Others

Search



(ACC since 07/JAN/2005)






伊豆大島で運転免許を取得↓
免許合宿 合宿免許アイランド
激安、格安の合宿免許のアイランド



夫のハの字と2人 伊豆大島で生活していた頃の日記です。
現在は住んでおりませんので、
大島についてのお問い合わせにはお応えできません
恐れ入りますが、ご質問は各施設や事業所へお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL| トラックバック(-) | コメント(-) |

帰ってきました

一昨日帰国しました。
飛行機から富士山と伊豆大島が見えて感激。
三原山の黒い溶岩の流れ、飛行場、乳ヶ崎がはっきり。

気温はマイナス5℃でした。
寒いー。寒いですー。

…ところが昨日はぽかぽかの陽気。
夕方からは南よりの強い風が吹いてたけど、春一番だったのでしょうか?
スポンサーサイト
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

ランチ難民

20060105210627


ランチ難民

午後2時に近づくと「しまった!お昼ご飯を食べそこなうぞ!」と
つい焦ってしまう。
島の食べ物屋さんはたいてい午後2時で閉まってしまうから。
「ここもやってない!あっちはどうだ?」と
島中ぐるぐるした末、ランチにありつけないこともあるのだ。
私達はそれを「ランチ難民」と呼んでいる。
旅行者のみなさんも気をつけられたし。

でも今日はそんな心配は御無用♪
リンガーハットで霜降り白菜のちゃんぽん。
久しぶりに野菜をいっぱい食べました。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

びっくりドンキー

20060104201207


びっくりドンキー

大島にはないものシリーズ!
(いや、シリーズ化はしてませんけどね)
びっくりドンキーでご飯してます。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(9) |

unoライブ-銀座swing

20051211220146.jpg 20051211220217.jpg


行ってきました銀座Swingでのunoさんのライブ!!
予約しておいてよかったです。
1stステージは入れない人たちもいたとか・・・。
そしてリクエストしていた”White Christmas"は、なんとサンババージョンで!!
(さらさは”サンバ”を”サンボ”と言ってしまう。)
unoおふたりでのライブも最高ですが、パーカッションとウッドベース、そして泣きのサックスが入ると、またまたそれはそれは素敵でした!!!
2ndステージでは山下達郎さんの”クリスマスイブ”unoアレンジバージョン(ブルースっぽい?)”や、できたてホヤホヤな曲を披露して最高に盛り上がりました。
ソロやアドリブいっぱいの楽しいライブ♪
いつまでもライブが終わってほしくないという気持ちがひとつになり、なんとアンコールが2曲もおこなわれました。
unoさん最高でした♪素敵な時間をありがとうございます!

ハの字


随分遅くなってからリクエストさせていただいた「ホワイトクリスマス」でしたが、楽しいサンボ…じゃなくて、サンバ・バージョンになっててうれしいびっくり♪この私の人生の中で、曲をリクエストして特別にアレンジしてもらったことなんて初めてですよ!それがしかも誰も演奏したことがないだろう“サンバ・バージョン”!!!うれしさもひとしおでした。サンバ・ホイッスルで始まるホワイトクリスマス…想像できますか?うほほほほ♪

実は他にも聴きたい曲はいっぱいあって、ずっとずっと何をリクエストしようか考えあぐねていて、里美さんにお返事するのが遅くなってしまったのです。でも…、聴きたかった「フラッシュバック」も「トレドの小径」も「ラ・カンパネッラ」も「ホテル・カリフォルニア」も「月は光ぬ」etc etc...も全部聴けた上に、またまた里美さんがお酒をたんまり飲んで起きてみたら楽譜が出来上がっていたという新しい曲までじっくり聴けました。「雨の後で」素敵でしたよ。最初のピアノが雨だれっっぽく叙情的です。重成さん作曲の「2004改め追憶」も心に染みました。自分の2004年を思い返したりして…。3時間以上!uno漬けでした。
新しいアルバムへの期待も膨らむ一方ですわっ!
アンコールの「わっしょい!」も途中で「ジングルベル」のメロディーが入ってウキウキでした。
MCも楽しくて「里美さんの曲はナチュラルでいい」というサックスの森口さんに
「それは天然ってことですか?」という重成さん。
「ナチュラル(天然)で夫の重成さんはたいへんだろうなぁ」と森口さん。
「里美ちゃんのご両親もいらしてるんですけど…」にウケました!
思わずハの字と顔を見合わせて「うんうん、やっぱりね」とうなずいてしまった。あははは~。
ちなみに私もよく「天然」と間違えられるのですが、このわたくしは「天然」ではありません。「養殖ものです」全て計算ずくですのであしからず。

お客さんの年齢層高めでしたね。なんだかちょっと「ハイソ」な感じ。
隅っこでよかった。…んん、でも次はカウンターでかぶりつきで聴きたいです。
さらさ


unoさんのホームページ「Welcome to uno Web Site」では曲の視聴もできます。
(ナント!こんなにサービスしちゃって大丈夫なのかっ!って心配になるくらい「フラッシュバック」はフルコーラス聴けちゃいます)
あなたの人生に必要な1枚!私の折り紙つきの「スペインにて/トレドの小経」も好評発売中!

UNO スペインにて/トレドの小径

1月11日はどこでライブかしら?これがまた、行けちゃうんだな♪
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(7) |

あるホテルでの出来事Ⅱ

本日は26日に泊まったホテルのことです。
Kホテル Kホテル
 
この日は寝つきが良く、電気を消した途端にコロリと寝ました。
でも朝方、長い長~い夢を見た。
色んな場面にコロコロ変わり、最初の方の夢はあまり覚えていない。

大浴場でお風呂に入ってた。
お風呂に入りながら「幽霊モノのテレビ番組」を思い出していた。
「ここに写ってるよ」と耳元で子供の声がした。
大きな湯船の向こう岸に半透明のおばさんがいた。うぉー!幽霊だ。
すーっと動いてこちらにやってくる。
前にいるおばちゃん(生きている設定)の身体をすり抜けて、
私の隣で湯に浸かっていたおばちゃんの向こう側にやってきた。
逃げ出したいけど思うように身体が動かない。
幽霊はとなりのおばちゃんの肩越しに腕を伸ばしていきなり私の首を掴んで、
首のスジをゴリゴリしやがるっ!
何かをつかんで夢中で幽霊を叩いた、いや殴った。しかも隣にいたおばちゃんもとろも。
バンバンバンっ!ババンババンっ!
私が手に持っていたのは、遠い我が家にあるお気に入りの筒型のクッションだった。
このしなり具合が最高だっ!
「くぬやろっ!くぬやろっ!バンバンッ」とひたすら叩いていてふと目が覚めた。

枕から頭がずり落ちて、小首をかしげ肩をすぼめた「美少女ナナ」のような格好で寝ている私…。
首スジがつってピクピクピクピクしていた。
「なんだ~。夢だったのかぁ。」
「何時なのよ。5時半じゃないの。寝るわよ。」とぶつくさいいながら、
頭を手で枕に戻して二度寝。

首がつれてたからあんな夢みたんだろうね~。
しっかし夢とはいえ、幽霊に対して肉弾戦ってどーゆーことなんだろう?
九字を切る(こんな字?)とかすればいいのに。(出来ないけど)
あのクッションのしなり具合は夢とは思えないほどリアルだった。
今度からこの筒型クッションを手に持って寝なければ。
いつでも何とでも戦えるようにっ!
(近くになくても夢には登場するからオッケー♪だけどね)
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

演劇集団シアターワン「Stage for Two 二人芝居」

フランキンのFeel so Good!FM伊東 FM熱海・湯河原
|行ってきました♪演劇集団シアター・ワン 2005年秋公演 Stage for Two 二人芝居|

にTBさせていただきま~す。

有馬ゆみこさん
フランキンさんに誘っていただいて拝見してきました。
演劇集団シアターワン「Stage for Two 二人芝居」
ゲラゲラ笑い、ちょっぴりウルっとしながら、テンポがよくてあっという間に終わってしまいました。
楽しかった。お芝居を観て本気で笑ったのはこれが初めてです。
また観たい。
「プフっ!」「忘却しちゃった」など印象に残る台詞もいっぱいで
たぶんこれからの私の言葉生活が変わると思われます。

夢中で観てたので、写真撮るのすっかり忘れてたの。
なので、打ち上げのときに一緒に写していただいた写真から
ありま~さんを切り出しました。


全く部外者なのに打ち上げに参加させていただき、
しかも先にお暇させていただく私たちに挨拶までさせていただき(主演より先に)
(ボキャブラリーないので、平凡なことしか言えなくてすみません)
帰りはアーチを作って送ってくださいました。
「顔も写してくださいね」とおっしゃってた「来々軒」に出演されてた田村理恵さんっ!
申し訳ありません。写ってると思ってたのに、半分も写ってませんでした。
(左端の美しい方です…と言ってもおでこくらいしか写っていない)
若いっていいなぁ。

なんだか話がまとまりません。
二部構成だった今回の第一部のテーマは「出会いと別れ」
ブログを始めて色んな出会いがあって、今回もフランキンさんを通じて
有馬さんや池田和良さんとお会いできました。
作・演出の一の宮先生も普通の生活をしていたら、とてもお近づきになれないような「偉~くて有名~な先生」なのですよね。
香港から遊びにきてくださったなっとうさんにも、透き通るような素敵な声と心地よいサウンドを聞かせてくれるバジルのお二人にもお会いできて、とてもうれしかったです。
そいういう意味でも「出会い」を強く意識したタイムリーなお芝居でした。
なんだかね、不思議な感じ。
自分が今、ここにいるのが夢見たい。
そして、舞台に関わる人々をとっても羨ましく感じました。
若いっていいなぁ。(再びこの台詞)

昨夜はみなさん、千秋楽を迎えて達成感に酔いしれていたのではないでしょうか?
まずは最後まで成し遂げたこと、誇りに思ってくださいね。
本当に本当に楽しかったっ!

私はこれから「美少女ナナ」のキャラクターで生きていきますっ!
「あんたっ!いくつサバを読むんだいっ!」と言うハの字。
「私本当は30歳なんだけどぉ、17歳ってことにしてあるからぁ」
「30歳という時点で既にかなりサバ読んでますからっ!」
…とうるさいハの字に言われながら、「もちもち監督ぅ!ナナですぅ!ナナ未成年だからお酒飲めないのぉ♪」を既に実践しています。

最後にリンクを貼らせていただきます。
~A-style~ありまーな毎日
演劇集団シアターワン プフ★
シアターワンの公式サイト
東京映像アカデミア
この記事のURLトラックバック(3) | コメント(5) |

あるホテルでの出来事

25日に泊まったホテルは、別段変わったこともなく、私たちはベッドに入りました。
なんとなく眠れない…眠りの浅い状態で「今日も眠れないのかー」と悶々としていると
夜中の1時前に警報機の音で飛び起きることに。
「ファンファンファン!火災警報が発令していますファンファンファン」
どこか火事?
でもホテルの火災報知機は鳴らない。
このホテルではなく、外から聞こえてくるみたい。
暴走族だかヤンキーのバイクの音が近づいては遠ざかる。
「火事だったらどうしよう?」
窓を開けてみると、腰高の窓は全開になる。
窓の外を覗き込んだりしたら、頭の重みで落ちそうだ。(ここは6階)
普通、ストッパーが付いてて全開にはならないモノのではないかしら?
ここから落ちてしまいたい衝動を抑えきれない人は、素直に落ちてしまいそうだ。
私たちはいつでも逃げられるように一旦洋服に着替え、ハの字は廊下に出て様子を伺いに行った。特に煙が立ち込めているわけでもなかった。
そうこうしているうちにアラームは消えたので、また浴衣に着替えてベッドに入って、浅い眠りのなんだかいや~な夜を過ごした。
特に何か物凄く邪悪なものを感じるわけではないのだけど。
(そんな能力ないし)
うつらうつらしていると、突然電話がなって飛び上がったっ!
ツーコールでハの字が電話に出ると、既に切れていた。
4時半だった。
なんなのだっ!こんな朝早く間違い電話か?
それともあの世から…あるいはこの世の生霊からのメッセージだったのか?
殆ど眠れない一夜を過ごし、なんだかダルダルなまま朝食を摂り、ぼへ~っとしたままの1日だった。

ホテルH-一般的なビジネスホテル
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

本日のホテル

例のオーバーブッキングで流された先です。
チェックインして鍵をもらい部屋に着くと、鍵が合わず開けられない(T_T)
ルームナンバーは逆さにすると違う数字になっちゃうので、間違えたらしい。
逆さま数字の部屋を開けてみたらシングルの部屋。
やはり鍵を間違えたのだろう。
また1階に下がり鍵を換えてもらった。

素晴らしく楽しいお芝居を拝見してホテルへ戻ると、部屋が替わっていた。
荷物を勝手に移したというのでちょっとムッとしていたのだけど、
換えてもらった部屋はさっきより広い♪
そうよね。例のオーバーブッキングの部屋より値段が高いはずなのに、あんな狭いんじゃ悲し過ぎだ。
玄関ホール(小さいけど)があり、部屋に入るにはもうひとつドアを開ける。
浴室も広くてきれい♪

Kホテル


今日はぐっすり眠れるとよいな。

昨夜はちっとも眠れなかったの。
詳細はまた後で。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

uno in 藤の広場

uno
7月31日に行われた伊東市・藤の広場でのunoのライブ♪

最初はフラッシュバックでした。
私が聴いた最初のunoの曲で、大好きな曲。
「実は重成さんはピックで弾いている」とフランキンさんからお聞きしていたのですが、
アレをどうやってピックで弾けるのだ???と不思議でした。
でも重成さんってば、本当にピックで弾いてらっしゃるのですよ!
耳に聴こえてくるというより、身体に、心臓に直接響いてくるような音楽。
ハの字は隣で鳥肌をたて、私はウルっとしてしまったのだけど、
泣かないように我慢しちゃった(T▽T)
泣いちゃえば良かった。
でも泣き出したら号泣しちゃいそうだったので…。
(最近、ちょっとそんな精神状態…。)

新しい曲「月は光ぬ」もしっとりしていて素敵でした。
里美さんが酔っ払っていて起きたら譜面が出来上がっていた…というのは内緒かしら?
ネロリさんが絶賛してらしたのもうなづけます。
想像以上に素敵でした。
2枚目のCDも楽しみです。
(今月からレコーディングに入るそうですよ~!)

CDはどちらかというと「静」、ライブは「動」ですね。
躍動感があります。
選曲も会場の様子を見ながらその場で決めてらっしゃるそうで、
「これは?」と聞く里美さんに「やだ」と首を振る重成さんも可笑しかった。
(あ、これも内緒?)
一番前を陣取ってたからこそ見られるシーンで、
ライブだからこそ楽しめるお二人の掛け合い(?)
とにかく、とにかく、ライブは凄かった~!楽しかった~っ!
13日の藤の広場も行きたいです~っ!
ハの字~!仕事休んでくれ~っ!(絶叫)

first-finaleさんがこのライブの模様を素敵な写真に収めていらっしゃいます。
area IZU [IZU MAGIC~2nd edition]|uno in fuji-no-hiroba|
藤の広場だけでなく、マリンタウンやホテル・アンビエントなど、
unoのライブ写真満載です。
この記事のURLトラックバック(1) | コメント(6) |

カレーショップ「DeriDeri」

伊東市宇佐美のカレーショップ「DeriDeri」
DeriDeri

DeriDeriカレー・うずら卵のせ  イカ墨カレーうどん  豚キムチカレーうどん

またまたフランキンさんにお世話になり連れて行っていただいた宇佐美のカレーショップ「DeriDeri」です。色んな方のライブも催されています。アルバムを見せていただきました。壁にはアーティストのサインがいっぱい♪
IZU MAGIC/a heartful resident card
area IZU [IZU MAGIC~2nd edition]のfirst-finaleさんもいらしゃってました。
FM伊東で生放送中のunoのお二人の声をラジオで聞きながらカレーを頂き、
放送が終わってしばらくしたら、生unoがDeriDeriに登場!でびっくりっ!
またまた不思議体験です。
first-finaleさんにはunoのライブを収めたDVDを頂いてしまいました♪
こんないきなりやってきた私達にもとっても親しくしていただいて、皆さんに感謝です。
夕方のunoのライブが待ちきれない感じ。

DeriDeriのカレーはラーメンのように出汁をとって作っているそうで、
サラリとしているのに濃厚…というかコクがあって味わい深い。
ハの字の食べたイカ墨カレーうどんは絶品です。
私がいただいたデリデリカレーもたまねぎがシャキシャキで食感も楽しくて好き好き♪
あ~また食べたいわぁ。

DeriDeriのマスター♪

DeriDeriのマスター田中さんは「東京Take5」というユニットも組んでます。
そんでもって東京Take5の曲が「心の時計」という映画の挿入歌になったそうですっ!
「心の時計」は宇佐美を舞台に描かれた映画でございます。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |


もっと前のページ | メイン |
06




  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。