Categories

New Entries

Recent Coments

Recent Trackack

Archive

Profile

Blog People

Link

Others

Search



(ACC since 07/JAN/2005)






伊豆大島で運転免許を取得↓
免許合宿 合宿免許アイランド
激安、格安の合宿免許のアイランド



夫のハの字と2人 伊豆大島で生活していた頃の日記です。
現在は住んでおりませんので、
大島についてのお問い合わせにはお応えできません
恐れ入りますが、ご質問は各施設や事業所へお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL| トラックバック(-) | コメント(-) |

スペースシャトル…

大島温泉ホテルで宴会の帰り、道路は凍ってました。
雲ひとつ無く、満天の星と元町や伊豆半島の灯りがキラキラと輝いて
山道をクルクル回りながら車で降りてくると、星も灯りもクルクル回って
不思議な空間でした。
スペースマウンテンみたい…。
自然のものを作り物に例えるのも変だけれど、
きっと、スペースマウンテンの方がこっちに似ていると言った方がいいのでしょうけれど、
この際は、こう表現したほうが伝わりやすいのかも。
本物のスペースマウンテンでした。

夜景の見える場所に車を停めて、しばし元町と伊豆半島を眺め、
のけぞるようにして天を仰ぐ。
星がさざめいている。
さざめくってどんな意味だかご存知ですか?
さざめくはささやくという意味。

大島に来たばかりの頃は、この暗闇が恐ろしくて、落ち着きませんでした。
ちょっと道を間違えると、そこはもう漆黒の闇。
暗幕でも覆いかぶされて捕まえられたような、暗闇に飲み込まれたような
いてもたってもいられない、身体の中のアラームが「逃げろ」と警告するような暗闇。
こんな暗闇は都会には存在しません。
でも、いつの間にか慣れました。
そして雲の無い日は星を楽しめるようになりました。

白い息を吐きながら、暗闇の中で見る星と街の灯り。
ハの字にも見せたかったな。ハの字は今頃、ひとりでテレビを観ているはず。
…この日は、私の送別会でした。
大きな花束を贈られ、見送られて降りてきた山。
この灯りは一生忘れない。

「さようなら大島」
スポンサーサイト
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

「リスはよけないでください。」

就職したときに最初に言われたのがコレでした。
「リスはよけないでください。」
島で車を運転する時の注意!
リスをよけたお陰で、対向車と衝突したり、壁などに激突したり大きな事故を起こしてしまうことが多いそうです。リスをよけて人にぶつかったりしたら目も当てられません。
「リスはよけないでください。」

慣れてくると、だいたいリスの渡る場所が分かるようになりますが、観光客の皆さんはくれぐれもリスが出てきても大きくハンドルを切らないようにして欲しいです。
かわいそうなんですけどね。「リスはいっぱいいるから大丈夫」だそうです。
島には猿もいます、キョンもいます。
猫も犬も飛び出してきます。人間も。

島の人の運転はかなり荒く、大雑把。よく言えば大らか。
狭い大島そんなに急いでどこへ行く?というくらいスピードを出す人が多いです。
直線を60キロで走っていても抜かれます。
後ろから車が来たら、安全なところで道を譲ってあげてください。
そのほうが楽しく走れます。
レンタカーをあおってる島の車もよく見ます。
なんかね、恥ずかしいのだけど。
島の人はせっかちなようで仕方ないです。
(そういう車がいると、時々写真撮っちゃってます。UPはしませんけど)

かと思うと、物凄いノロノロ運転の車がいたり、
交差点内に車を停めて話し込んでる人がいたり、
ウィンカーを出したまま何キロも何キロも走ってる車とか、
ウィンカーも出さずに急に曲がったり、
せっかちなのか、おっとりしてるのか理解に苦しむことも…。

小さな路地から“切り込み隊長”のように飛び出してくる車は多いので
一時停止の指示に関係なく、交差点では止まってよく確認したほうがよいです。
中央線もお構いなしではみ出す車が殆どです。
島は車が少ないので、基本的に「自分しか走ってない」と思っている人が多いようです。
神津島の人も運転は荒い印象でした。
新島はとっても穏やかに感じましたね。
「みんな優しい。大島とは違う」と思いました。
島によっても特色があるのかもしれません。

と言っても、観光客による自動車事故は何年も起こってないそうなのでご安心を。
走ってる車が少ないですから。
車が3台続いてると「渋滞だ!」って思いますもの。
(でも朝のラッシュ時は十数台つながるときもあるんですよ。)

そうそう、そろそろカエルも出てきます。
雨上がりなんて避けられないくらいいっぱいいるので、滑らないように慎重に走りましょう。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

ブナシメ?

ブナシメビ


ホワイトブナシメって?(笑
このシリーズは結構ある。
「そうげんびちゃ」
「ブナビー」
お店で見つけて笑ってしまう。
なんでもよろしい。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(5) |

私は16才…

16才…


私は16才。
64tです。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(5) |

「現在大島で練習中です」

応援してください
多くのマラソン選手が練習にやってくる大島。
高橋尚子選手もその一人で、島の人々から愛されています。

そんな人たちのための掲示板なのでしょうか?
大学の名前を書いたりするのかしら?
こっそり自分の名前を貼ってみようか?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(5) |

はまゆう

はまゆう

昨年はあまり咲かなかったはまゆう。
今年はたくさん咲いていました。
もう夏は終わりですけどね。
長野に住む友達がこんなイメージなんだな。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(10) |

台風の爪痕

20050829093900
砂の浜のトイレ脇が崩れてました。
写真のすぐ右側にトイレがあります。
次の台風か、あるいは来年あたりにはこのトイレ無くなってるなぁ…。きっと。
このトイレにはもう怖くて入れない…。
弘法浜のプールも柵が壊れ、砂だらけになっていました。
今年はもう終わりですね。

台風の翌日、車で仕事に行きました。
道路は落ちた葉っぱや枝、土や砂が堆積して、ぐちゃぐちゃ。
滑る滑るっ!
まるで雪道を走ってるようでした。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(3) |

富士山と大室山

富士山と大室山

この間の日曜日。
昼間は気づかなかったのですが、伊豆半島も富士山もきれいに見えてたのですね。
外で夕食をとりに行く途中で見つけた富士山と大室山です。
富士山は富士山の形の雲をすっぽりと被ってました。
大室山は中折れ帽みたい。

昼にはトウシキでシュノーケリングしてました。
イカの赤ちゃんがいっぱい。30匹(杯?)はいたでしょうか?
透明でかわいい。美味しそう^m^
ハタンポのような小さな魚の群れや、イサキみたいなの、メジナみたいなの。
(…みたいなのばかりですみません。)
ご近所さんにいただいて、さばいた覚えのある魚が目白押しでした。
写真を撮りたかったわ。
バッテリーを充電してなかったので、カメラを持っていかなかったのです。
こんなに楽しかったのなら記録しておきたかった。

岩にフナムシがいっぱいいたけれど~(x_x)
近づくとまるでまっくろくろすけのように、わっさ~と岩を登って逃げてった。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

今日の野田浜

20050720163708.jpg
連休も明けて平日の本日…野田浜には誰もいませんでした。
私たち2人で貸切♪
今日は波が強かったので私は泳がず、浜辺でぼへ~。

花火をした後はゴミを持ち帰って欲しいぞ
ビーチには花火のあとが…。
ゴミはちゃんと拾って帰ってね。
今度はゴミ袋持参で遊びに来なくっちゃ。あ~。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(6) |

蒸し蒸しです。


蒸し暑い。
おぼれそうです。
洗濯物は乾かず、ただ今室内で扇風機の風に吹かれています。

室内がカビ臭い。
風が強くて、窓を開けるとホコリや枯れた芝生が顔にブホーっと飛んでくる。
コントみたいだよ。
日中はしばらく窓を開け放していたけれど、今は窓を閉め切ってドライかけてます。

今日のウグイスの鳴き声は「ほーーーーーーたちつてとっ!」
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(9) |


もっと前のページ | メイン |
10




  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。