Categories

New Entries

Recent Coments

Recent Trackack

Archive

Profile

Blog People

Link

Others

Search



(ACC since 07/JAN/2005)






伊豆大島で運転免許を取得↓
免許合宿 合宿免許アイランド
激安、格安の合宿免許のアイランド



夫のハの字と2人 伊豆大島で生活していた頃の日記です。
現在は住んでおりませんので、
大島についてのお問い合わせにはお応えできません
恐れ入りますが、ご質問は各施設や事業所へお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL| トラックバック(-) | コメント(-) |

昨日は元町でも雪が降りました


静かだなぁ…と思っていたら、ハの字から「雪だよ」のメール。
慌てて外を見てみれば、大きな粒の雪が降っていました。
芝生の地面で跳ねてコロコロと転がるところをしばらく眺めていました。
道路のどこかでは凍結して通行止めのところがあったようです。
大島では雪など滅多に降らないので、スタッドレスはもちろん、チェーンなどもっていない人が多いでしょう。…でも昨年は岡田で少し積もったのですよね。
仕事に行くとき、雪が降らないといいなぁ。
でも、潮をかぶるところを通って通勤しているので、
雪より潮のしぶきのほうがつらい。

フラッシュを使ったのは初めてなので、再生やストップボタンをまだ作れません。
どうやらエンドレスのようですね。
画像上で右クリックすると、メニューがでます。
スポンサーサイト
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(5) |

撮影かい?

ここ数日、あるホテルの前に真っ赤なスポーツカー(?)みたいなのや、
バスやトラックやトレーラーみたいなのがいっぱい路駐してあります。
(「…みたいな」ばかりですみません。車の種類をよく知らない。)
どうやら何かのロケをしているらしい。

「船越栄一郎がいるらしい」
「裏砂漠で撮影しているらしい」
「元町港に“やくざの事務所”(のセット)ができているらしい」
「撮影は元町港前の“おともだち”前で主に撮影されているらしい」など、噂は色々。

しかし、このうらさびれた大島でやくざが何をする映画(ドラマ?)なのでしょう?
裏砂漠で決闘か?え~?
やくざの抗争といえば、街中での銃撃戦の方が納得いく感じ。

朝早く、そのホテルからお揃いの真っ赤なニッカボッカを着て、がに股で肩で風を切って歩いて出てくる集団を見た者もいる。朝からすでに役に入っているのか?
(追記:赤を着てたのは1人でお揃いではなかった。集団ではなく2~3人だったそうだ。)
それとも撮影とは無関係の工事の兄さん集団だろうか?
謎が謎を呼ぶロケの噂。

そんでは、船越さまを探しに出かけてきます。「ゴチになりたい。」

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(3) |

嵐です。。。

台風が近づいてきている伊豆諸島。
現在大島は大風が吹いております。
明日も明後日も(もう「今日も明日も」ですね)暴風雨の予報。
あ…雨戸閉めてもらうの忘れてた(x_x)
こんな暴風雨の中じゃ、もう閉められないけどね。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(8) |

雷で目覚めた朝

そういえば今朝は、雷の轟きで目を覚ました。
窓がビリビリと振動するほど。
「雷だね~」
「そうだね~」と言ってまた寝てしまった。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

海を見に行く

お出かけしたときは、ちょうど雨も小降りになり、
用事を済ませて帰るときには雨は止んでいた。
建物の隙間から見える海は、大きくうねって尖り、白いしぶきをあげ、私を誘っているよう。
ほんのちょっとのつもりで海を見に行く。
海は遠くのほうから次々にモコモコと海面をうねらせて押し寄せ、
波しぶきを飛ばしながら崩れてく。
携帯電話のムービーで延々と撮影し、気が済んだところで家路につく。
「もう家?」というハの字からのメールに「海を見に来た」とメールを書いてる途中で
いきなり雨が落ちてきて、携帯の画面をぬらした。
商店の軒先でジーンズのすそを膝まで折り曲げ、携帯をバッグにしまい、小脇に抱えて傘をしっかり差して歩き出す。
たったそれだけの動作をしている間に、道路は川と化していた。
風はないのだが、雨脚が強くて、ジーンズは水分を吸って重くなり、背中は傘から落ちたしずくで冷たい。
ビーチサンダルを履いた足を川のようになった雨水が撫でていく。
でも、濡れてももう帰るだけだからいいのだ。
「ちょっとさ~、川だよ川~」とぼやきながら笑っていた。
「バケツをひっくり返すような…」と最初に表現したのは誰なのだろう?
家の敷地に足を掛けた途端に、ふっと雨の音が止んだ。
「あ~やっぱり。こうくると思ったのよ」
人生こんなもの。

そして家のパソコンで先ほど撮ったムービーを見ようとしたら、
パソコンでは見られない形式のものだと判明。
あ"~また間違えた。
“ビデオカメラモード”で撮らなきゃだめなのよ。“モーションカメラ”で撮っちゃだめなの。ね。

ただいま大島、暴風警報発令中です。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

もう来ちゃった台風!

朝、起きたら雨戸を閉めようと思っていました。
目覚ましでハの字が起きて、私も起きようかどうしようか考えていると…
どっひゃーーーーーー!といきなり物凄い雨の音。
「え~もう来ちゃったんですか~
今日は休みですが、出掛ける用事があるのです。
仕方がないので、雨戸は半分だけ閉めて、植木鉢を家に入れました。
(なぜ半分しか閉めないかはこちらをご覧ください)
雨が止む一瞬の隙をついて出掛けたいのだけど、
「今だー!」と出掛けた途端に大雨・暴風にやられてしまう可能性大
私が飛ばされてたら捕まえてくださいね。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(3) |

都議会議員選挙

明後日は都議会議員選挙です。
この島々をより良くしてくれる人はいったい誰でしょう?
誰にこの「清き1票」を投じようか、迷いに迷っています。

ところでこの方…本籍が「沖ノ鳥島」なんですけど、
沖ノ鳥島に本籍をおけるんですか?
それなら、私もそうしたいー。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(5) |

セミクジラのムービー

2月21日、伊豆大島に打ち上げられたセミクジラのムービーをUPしました。

ご覧になりたい方は続きをクリックしてください。
続きをごらんになる?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

打ち上げられたクジラは

赤ちゃんクジラ?2月24日
先日、打ち上げられたクジラは、あの大きなクジラと、赤ちゃんクジラの2頭だった
という噂を聞きました。
本当かしら?

一昨日(24日)の午前11時前に現場に行ったとき、白い骨だけ残っていました。
もう腐敗して波に持っていかれ骨だけになってしまったのだと思い込んでいた私たち。
それにしてはちょっと小さいなとは感じていました。
クジラがその日の朝早くに船で沖へ引かれていったと後で知ったので、
なぜここに骨が残っているのかと疑問を感じていたのです。

これは赤ちゃんクジラの骨なのかしら?
この骨を調べている方に声をかけて聞いてみればよかった~。
ネットで調べたけれど、載ってないですね。
人づてに聞いたので、真相はわかりません。
水産試験場にでも聞いてみようかしら?

追記(02/27 1:11):
打ち上げられたセミクジラが子供で、
そのそばから親と思われる白骨死体(?)が見つかったそうです。
上の写真は親と思われるクジラの骨だそう。
(子供のセミクジラを沖へ帰す作業を見ていた人に聞いた、という人からの又聞き。)
ちょっと小さいと感じたけれど、
一部分なのか、あるいは骨というのは思うより少ないのかもしれませんね。
先日、羅臼でシャチが流氷に閉じ込められてしまったのも、
子供を守るためだという見解を示されている方もいるようです。
この2頭のクジラがどういう関係なのか、どういう理由でストライディングしたのかはわかりませんが、人間の世界で心がすさむような事件ばかり聞かれる中、心の温かさを動物に教えられることの方が多いように感じてしまいます。

くじらぐも ふっと…|さようならセミクジラさんにトラックバックさせていただきました。
島の人さんがクジラ情報をコメントしてくださっています。

Enjoy!伊豆大島|くじらさん、さようなら
ミッキーさんもクジラが沖へ引かれて行く様子をごらんになったそうです。
この記事のURLトラックバック(1) | コメント(12) |

雷~!ヒイィィ!!(゜ロ゜ノ)ノ

急に雷がとどろき始め、外は暴風雨になった。
空を裂くような音。
ちょっと怖いです。
テレビを消そうかしら?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |


もっと前のページ | メイン |
06




  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。