Categories

New Entries

Recent Coments

Recent Trackack

Archive

Profile

Blog People

Link

Others

Search



(ACC since 07/JAN/2005)






伊豆大島で運転免許を取得↓
免許合宿 合宿免許アイランド
激安、格安の合宿免許のアイランド



夫のハの字と2人 伊豆大島で生活していた頃の日記です。
現在は住んでおりませんので、
大島についてのお問い合わせにはお応えできません
恐れ入りますが、ご質問は各施設や事業所へお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL| トラックバック(-) | コメント(-) |

ケンタロウの美味極める

日本縦断 ケンタロウの探検!うまいもの 日本縦断 ケンタロウの探検!うまいもの
ケンタロウの美味極める製作委員会 (2005/02)
青春出版社
この商品の詳細を見る


『グルメ旅★Foodies-TV』で放送されている「ケンタロウの美味・極める!」
#11は伊豆大島でした。
しぼりたての大島牛乳が美味しそうだったわ。
牛の個体によって牛乳の味が違うんですって。
「これは何番の牛…、こっちは何番」と飲み比べてました。
大島牛乳は本当に美味しいの。懐かしいです。

番組ではいつも最後にケンタロウさんが体験した素材を使って料理をするのです。
今回は大島牛乳と大島バターで作ったカレー。美味しそうでした。

ケンタロウの美味・極めるは書籍化されています。
スポンサーサイト
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

のんきに島旅

のんきに島旅 のんきに島旅
本山 賢司 (2000/04)
河出書房新社
この商品の詳細を見る


イラスト満載!島旅の醍醐味♪
小笠原父島/対馬/神津島/八丈島/礼文島/奥尻島/佐渡ケ島/奄美大島/宝島/伊豆大島/西表島
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

爆笑?大島島民避難

不肖・宮嶋&忍者・大倉 一撮入魂! 不肖・宮嶋&忍者・大倉 一撮入魂!
宮嶋 茂樹、大倉 乾吾 他 (2005/02)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


「週刊文春」で大活躍の両カメラマンが、スクープの裏話を爆笑対談で明かす。
大島についてはこんなネタ↓
「そして誰もいなくなった―伊豆大島噴火、大島島民避難」
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

椿説弓張月

椿説弓張月 椿説弓張月
平岩 弓枝 (2002/05)
学習研究社
この商品の詳細を見る


江戸時代後期の作家、滝沢馬琴の出世作。大ベストセラーとなり、浄瑠璃や歌舞伎にもとりあげられてヒットした。物語は、伊豆大島に流されて死んだはずの源八郎為朝が、実は生きていて、やがて琉球に渡り、王家の内紛で大活躍するという波瀾万丈の活劇ドラマ。『御宿かわせみ』などで知られる時代小説作家、平岩弓枝の現代語訳が、いきいきとその面白さを伝える。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

伊豆大島横断

犬連れバックパッカー―シェルパ斉藤と愛犬ニホの旅物語 犬連れバックパッカー―シェルパ斉藤と愛犬ニホの旅物語
斉藤 政喜 (2004/06)
新潮社
この商品の詳細を見る


「息子のクリスマスに、子犬をあげよう」田舎暮らしを始めたシェルパ斉藤がそう思いついた瞬間から、冒険は始まった。大阪からベビーカーに乗せて八ヶ岳の麓に連れ帰り、最北の島、礼文・利尻、さらに伊豆大島横断、思い出の松本、紀伊半島…。日本全国を一緒に野宿して旅するうちに、弱々しかったニホは、逞しいアウトドア犬に成長していく。心温まる、愛と感動のバックパック紀行。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

伊豆大島を舞台に…松本清張

一九五二年日航機「撃墜」事件 一九五二年日航機「撃墜」事件
松本 清張 (1994/12)
角川書店
この商品の詳細を見る


昭和27年、日航機「もく星」号は伊豆大島の三原山に激突、全37名の命が奪われた。その時、米人パイロットと米軍管制官の間にどんな交信がなされたのか。全員救助の報が絶望に変わる一夜の間に、米占領軍で何が画策されたのか。犠牲者のひとり、ダイヤ密売の美女は何者なのか。世を震撼させた事件の謎にせまり、「40年目の真実」を明らかにした、巨匠最後の渾身作。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

どっちの自動車教習所だったんだろう?

佐竹君からの手紙 佐竹君からの手紙
ビートたけし (1998/08)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


たけし軍団の佐竹チョイナチョイナは、殿の命令で伊豆大島の自動車教習所合宿に参加した。昼は教官に気に入られようと涙ぐましい努力をし、夜は一風変わった仲間の間抜けぶりを、眠い目をこすりつつ殿に手紙でご報告。そんな忠誠心を後目に、殿からの返事は梨の礫。募る東京への思いはいつしかいじめられた辛い想い出に…。手紙で綴った爆笑長編小説。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

伊豆大島・八丈島―心と体にいい旅

伊豆大島・八丈島―心と体にいい旅 伊豆大島・八丈島―心と体にいい旅
ブルーガイド編集部 (2003/04)
実業之日本社
この商品の詳細を見る
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |


| メイン |
09




  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。