Categories

New Entries

Recent Coments

Recent Trackack

Archive

Profile

Blog People

Link

Others

Search



(ACC since 07/JAN/2005)






伊豆大島で運転免許を取得↓
免許合宿 合宿免許アイランド
激安、格安の合宿免許のアイランド



夫のハの字と2人 伊豆大島で生活していた頃の日記です。
現在は住んでおりませんので、
大島についてのお問い合わせにはお応えできません
恐れ入りますが、ご質問は各施設や事業所へお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL| トラックバック(-) | コメント(-) |

夕食は…

特選ロース/叙々苑

東京お買い物ツアーの目玉
本日の夕食は叙々苑の焼肉でございます。
特選ロースはとろけるおいしさ♪
おなかいっぱいで噴門部が痛くなるほど食べたのに…
このあとまたラーメンを食べてしまうわたしたちでした。
あ~(ノ_・、)
スポンサーサイト
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

上京


午前便は欠航になり、仕方なく夕方の船で東京へ。
でもおかげで夕映えの富士夫に会えた。
陸は見えるのに、なかなか着かないなぁ。
東京へ着いたら美味しいものを食べる予定。
だけど美味しいものってなんだろう?
タコ焼き食べたい。
…わたしって、安上がりな女(-.-;)

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

岡田港のあんこちゃん

岡田港のあんこちゃん

岡田港から島を発った。
台風一過ですばらしい天気。
桟橋の突端にあんこちゃんと富士山が並んで立っていた。
まぶしくて携帯の画面が見えないので 構図がいまいちですが…。
この記事のURLトラックバック(1) | コメント(0) |

島とうがらし

島とうがらし

大島の牧場の「ぶらっとハウス」で島とうがらしを買ってみた。
大島では「青とう」と呼ばれています。
続きをごらんになる?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(6) |

羽田から大島気分?

naya's diary

nayaさんが遊びに来てくれました。
せっかく来てくれたのに 大島ったらあいにくの雨模様。
三原山もすっぽり雲の中。
それでも登ってみたら 濃い霧で1メートル先も見えない状態。
そろそろと駐車場に入っていってみると
停まっているバスが 急に姿を現してびっくり。
交番のおまわりさんには「なんにも見えないよ~」と言われ
御神火(ごじんか)茶屋のおじさんにも
「こんな中 よく来たね~」と呆れられた。
そう、御神火茶屋のおじさんの「よく来たね」のニュアンスは
決して「歓迎」ではなく「物好きね」の方だった。
だって行くとこないんだもん。


昨日nayaさんが乗って帰った飛行機。

羽田-大島間を結ぶ飛行機は小さいながらジェット機だ。
そして大島らしくカメリア(椿)柄。
(カメリア柄のはプロペラ機だそうです)
羽田から大島気分に浸れそう?
残念ながら私とハの字はまだ乗ったことが無い。

空港でnayaさんを見送ってからすぐに滑走路の見える場所へ移動した。
要人を盗撮するみたいに 飛行機に乗り込むnayaさんを激写。
この飛行機にはnayaさんが乗っている。
飛行機は滑走路を駆けて飛び上がり、あっという間に見えなくなった。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

お月見



中秋の名月。
「こちらでは月が見えるよ…と書いている間に雲に隠れてしまったよ」と
お友達からメールをもらう。
窓越しに外を見ると 雲が明るく照らされているけれど 月の姿は見えなかった。

またまたハの字と2人で”自動販売機散歩”に出掛ける。
部屋着のままでサンダルはいて ぺたぺた音をさせながら坂道を下る。
東よりの南の空に まん丸の月が出ていた。
雲に顔を撫でられながら 文句も言わずにそこにいる。
雲の動きが早い。
霞んだかと思うと、黒い雲に隠れて急に暗くなる。

去年のお月見は モルディブのマーレ空港からリゾート島へ向かう船の上。
波しぶきをかぶりながら眺めていたっけ。

* * * * * * * * * *

日記に書き忘れていたのだけど
7月7日・七夕の星空はすばらしかった。
街灯のないところを探して、山側へすこし散歩すると
小学校の校庭から満天の星が見えた。
星を数えていると、どんどん星が増えていく。
天の川もうっすら見え、織姫と彦星を探した。
冬になって もっと空気が澄んだなら
毎日すばらしい星空が見られるだろうな。
夜中に三原山に登ったりしちゃいけないかしら。
サンセットパームラインも街灯がないから 星を見るにはグッドかも。
どこかお気に入りの星空ポイントを見つけなくちゃ。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

雨だれ


とうとう夏が終わってしまった。
いつの間にか縁側の奥まで日差しが差し込んできている。
「ここへいらっしゃいよ」と昼寝のお誘いを受けているよう。

あいにく今日は曇り空。
空気はたっぷり水分を含んでいて重く、
時々耐え切れなくなった水分がざーっと落ちてくる。
週間予報では明日は晴れの予報だったけれど
どうやら明日まで、このどんよりは続きそう。

もう5時か。
町内放送でいつもの もの悲しい音楽が流れている。
先ほど 知人が亡くなった。
なんと儚い。
胸がざわざわする。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

ケンタロウのお料理本

naya's diary:お料理本

普段使いのお料理本…といえば、断然「ケンタロウ」だ。
他にもいっぱい料理本を持っていたけれど、引越しのときにケンタロウだけ残し、
あとは処分してしまった。ケンタロウの本を買ってから他の本を開く機会が殆どなくなってしまったから。

ケンタロウの料理はまず1番に、使う食材が少なく、スーパーで買える材料を使っているのがいい!
食材が多いと下ごしらえが大変なの。
その点、ケンタロウが教えてくれる料理は、ささっと作ってささっと食べられる。

最近の私の料理はケンタロウの本から抜き出した「調味料・調合レシピ」をフル活用している。ごま油、しょうゆ、みりん、酒、豆板醤、オイスターソース、しょうが、にんにく…以上は常備。(しょうが、にんにくなんてチューブ入り使っちゃってるけど。)
どの本も写真もステキに撮ってあるので、料理のためではなくて、ただ意味もなく眺めていることもある。
盛り付けの参考になるし、写真を撮るときの参考にもなる。

料理って毎日のことだから、もう毎日毎日毎日毎日やらなくちゃやらなくちゃって義務みたいに思うと、ホントにイヤになってしまうことがあるんだけど、そんな時もケンタロウの本に随分助けてもらっています。

たまにもう一ひねりしたほうが美味しいよ…ってものもあるけどね(・。・)ノ

ケンタロウの話からずれてしまうけど、
リタイヤ組の奥様たちは、やっぱり「家事から解放されたい」と思っている人が多いみたい。
家事の大変さって男にはわかんないものよね。
夫は定年退職でも、妻はその後も一生働いてるのことになるのだもの。
定年退職後にバリ島で暮らしているご夫婦をみるとうらやましいと思ってしまう。
知らない土地だから苦労もあるでしょうけれどね。
多少「刹那主義」な私たちなので、将来どうなっているか分からないけど
そんな夢くらい思い描いていてもバチはあたらないだろう。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

伊豆大島へ旅行を計画されている方へ

伊豆諸島・小笠原諸島での宿泊を伴う観光旅行等に対して宿泊費用を助成しているようです。

助成期間 平成16年9月1日(水)~平成17年1月30日(月)
助成金額 3,000円(1旅行1人1島1泊)
申込方法 来島を希望する観光協会等に申し込む。
利用方法 来島したときに観光協会等で宿泊証の交付を受ける。
助成定員:27000人

伊豆大島観光協会

遊びに来てくださ~い。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

それでも地球は回っている

小学生の4割が「太陽が地球の周りを回っていると思っている」そうです。
そのニュースは知らなかったのだけど、今日トラックバックさせていただいたフランキンさんや他の方のブログや日記に書かれているのを拝見して知りました。
かなり反響があったみたいですね。特にお子さんを持つお母さんからは…。
続きをごらんになる?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

腐海の底は…。



今日のお昼はとんかつ。
クィーンポークという名前のちょっとお高い豚肉を自分で揚げた。
卵やパン粉を出しすぎてあまったのでついでに茄子もフライに。
お肉はジューシーで柔らかくて美味しかった。
お腹いっぱい食べて苦しい。ちょっと血の気が引く。
(血液が胃に集中していて脳貧血という感じ)
なぜ、いつもいつもこんなになるまで食べてしまうのだろう?
なぜ、途中でやめられないのだろう?
でも、これがしやわせ。

食後すぐに洗濯物を取り込んで畳んでいたら息切れしてしまった。
ただいまの室温32℃。
お腹が苦しいうえに猛暑攻撃。
クーラーをつけてしまおう…と何度も思うのだが
そのたびにさーっと風が入ってきて私を心地よくしてくれるものだから
つけるタイミングを失っている。

庭を羽の生えた虫たちが飛び交っている。
トンボやちょうちょの類。
木々の間から光が差し込んで、さらさらと風の音がする。
ナウシカの腐海の底にいるような気持ち。
「腐海は森を生き返らせているのよ」・・・そんな台詞がなかったかしら?

本当に飛んでいるのはちょうちょじゃなくて蛾。
腐海の底なんかじゃなくてホントは草ぼうぼうの庭。
でっかい蜘蛛の巣に雑草の綿毛がいっぱい着いている。
脳が酸欠なのかもしれない。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

燃えよ!フランジパニ

フランジパニ咲くかしら?
意味の無いタイトルを書いてしまいました。
「萌えよ」が正しいのかもしれません。

ネットで購入して、はるばる石垣島から送られてきたフランジパニの苗3本。
私の勘違いで、ずっと水に挿しっぱなしになっていました。
根っこが出てから土に植えるのかと思っていたのです。
説明書をもう一度よく読んだら「植える前に水に挿して水揚げしろ」とのことで
水に挿しておけとは書いてなかった。
「1日に2回は水を換えて…」とも書いてあったので勘違いしてしまったのだ。

はれて土に植えられたフランジパニさん。
元気に育ってくれるかしら?
天気がいいのでたっぷり水をあげて太陽の下に出してあげました。
昨日は日差しが痛かった。
肩がじりじり言ってた。
(でも時々スコールのように雨が降っていたけど)

フランジパニは「石垣島の植物のサイト」で購入しました。
英名はプルメリア。 鉢植えの花つきのものの方がよいかも。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

いつも2日酔い

一昨日お酒を飲んだためか、その夜から明け方まで
足や腕や身体の芯というか、骨というか、筋肉の内側というか
…とにかくだるくてだるくてたまらず、じっとしていられなかった。
足をバンバン打ちつけたり、腕をひねったり、激しく寝返りを打っていた。
これが2日酔いというものだろうか?

そういえば、ハの字はいつもこうだ。
あの人はいわゆる「ざる」なのだが、いっぱい飲んだ夜は
いつも足の裏同士をバンバン叩き合わせたり、ゴロゴロゴロゴロ転がったり
ふと立ち上がってジャンプしたりしている。
ゴロゴロ転がってくるので私は下敷きになってしまい、
私のおでこにハの字の腕が「ごんっ!」と落ちてきたり、
みぞおちに足を乗せられて「うえっ!となってしまうのだ。
そのたびに腕やら足やらを「えいっ!」と放り投げる。
おかげでこちらは不眠だ。
飲まない夜はおとなしく寝ているので、やはり飲みすぎなのだと思うが
本人はどうやら覚えていないらしく、絶対に認めようとはしないのだ。
(ほんのり覚えていても、知らないフリをしている。)

朝起きてからもなんだか気持ちが悪かった。
そういえば、ハの字はいつもこうだ。
「なんだかだるいよね~」
「寝てたいよね~。なんか気持ち悪くな~い?風邪かな~?」
と言って休みなのに遊びに行かなかったりする。
今日もどこへも行かなかった。
昨日の夜は「オイラ今日は8杯くらい飲んだよ!」と満面の笑顔で言っていた。
きっと、今聞いたら「ぜんぜん飲んでないよ~」と言うに決まっている。
あ~。
ゆっくり眠りたい(- -#)
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(8) |

黄色だけど…彼岸花?


 色は黄色なのだけど、葉っぱも無いし、
 茎の感じは彼岸花そっくり。
 これも彼岸花なのかしら?
 後でネットで調べてみよう。


 ・・・調べてみました。
 黄色いのも彼岸花でした。
 そして白いのもあるらしい。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

Cafe Air's

Cafe Air's

今日はハの字とデート。
先日、nayaさんにおしえてもらった「Cafe Air's」へ行って来ました。
続きをごらんになる?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

トイレ貸してください

ピンポーン…とチャイムが鳴ったので出てみると
小学生低学年の男の子が二人。
「トイレ貸してください」と言った。
わぁ。
こんなこと、何十年ぶりだろう?
「どうぞ」とトイレへ案内する。
廊下の突き当たりにあるトイレはちょっと暗いのでデンキをつけて上げた。
お菓子とかジュースか何かでおもてなしをしたかったけれど
あいにくなんにもなかった。
だいたいジュースを飲んだらまたトイレに行きたくなってしまう。

「なにしてんの?」
「今度ぼくね」
「なにしてんの?」…と意味のナイ会話を繰り返すあたり、子供だぁ。

「ありがとうございました」
「おじゃましました」という子供たちを玄関で見送る。
閉めた戸の向こう側で「やさしいね」という声が聞こえた。
ちょっとうれしい。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

リングの貞子

9月13日月曜日。
テレビで「リング」をやっていた。
主人公がビデオを見た日がちょうど9月13日だった。

菜々ちゃんと真田広之は大島へ来たのね~。
到着したのは岡田港だった。
岡田港には「夢心地大島」という大きな看板があるのだ。
車で走っていたのはサンセット・パームラインだった。
山村静子は差木地の出身。
島の反対側ね。
うふふ。
今ではこんなこともわかるのよ。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

彼岸花


買い物の道の途中に咲いている彼岸花。
咲き出すまでまったく存在に気づかなかった。
不吉な花と言われるけれど、その赤く繊細な花びらには惹きつけられて
つい見入ってしまう。

8月の終わりに草を刈ってもらった庭は、あっという間に雑草の楽園に戻ってしまった。
一昨日になって白い十文字のかわいらしい花がいっぱい咲いているのに気づいた。
これは雑草なの?
鬱蒼とした緑に埋もれて、溺れているようにしか見えない。
刈ってしまっていたら見られなかった花だから、ラッキーだと思うことにしよう。
しばらくは毎日眺めて楽しもうと思う。

今日はカラリとして気持ちのいい天気♪
シーツとマットレスパッドを洗濯した。
ジャスミンの香りのソフナーを使ったので、眠るときが楽しみだ。
おふとん・マイ・ラブ♪
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

今年最後のすいか


ハの字が職場で島の方からいただいたスイカ。
やっと念願の「縁側でスイカ」をすることがでた。
この家に引っ越してきてから、絶対に「縁側でスイカ」をやろうと決めていたのだけど、
自分ですいかを買うとなると、重いし、冷蔵庫に入らないし、
などと二の足を踏んでしまう。
大きなスイカだったので、食べきるのに4日かかった。
三角に切ったすいかをじゅるじゅるいいながら縁側でいただき、
一部はジュースにした。
すいかのジュースなんて驚き笑うかもしれないけれど、美味しいんだぞ。
バリ島では、私は大抵いつもすいかジュースを飲んでいるのだ。
何も入れなくても、充分甘かったけれど、ほんの少しだけ砂糖を入れた。
ぐっと味が引き締まって美味しくなった。
ハの字は焼酎を入れて飲んでいた。
少し味見をさせてもらったら、これがまた旨いっ!
お酒が飲める体質だったら良かったな~。
そしたらハの字につきあってあげられるのにね。
一人で飲むのはつまらないみたい。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

波浮港


波浮港は池だったそうです。
津波で海とつながり、さらに人工的に手を加えて今の港になったそう。
ちょうど船が入ってきました。
海が荒れているときは波浮港に入るのがとても難しいそうです。
この間、ランチを食べに行った喫茶店で居合わせたおじさんが言ってたの。
荒れた海では船は波に対して斜めに進まなければいけないのだそう。
入り口の狭い波浮の港ではその「斜め」を保ちながら港に入るのが難しいんですって。
波浮の港には美味しいコロッケを売る店があるらしい。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

こちらは岡田港


海の状況によって船の出帆に使われる港。
(海が荒れているときは岡田港。)
私たちはこちらの岡田港からしか出入りしたことがありません。
元町港を使ったことがないの(:_;)

港の向こう側にある浜辺はなんていう浜辺かしら?
どこから降りるのかしら?
きれい。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

裏砂漠


砂の浜へ行ったけれど、波もあまり無い上に人が多いので
波乗りはやめ、島内観光に出掛けた。
一昨日、面倒になっていくのを止めてしまった裏砂漠を経由して
島内を1周する。
続きをごらんになる?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

伊豆大島の水道事情


伊豆大島には川がない。
なので田んぼもない。米はとれない。

水の味はやはりイマヒトツだったので、アルカリイオン浄水器を買った。
大して期待していなかったのだが、
アルカリ水で炊いたご飯がこれまた美味いっ!
お茶が美味いっ!コーヒーの味が全く違う。(インスタントだけど)
とてもまろやか。
ハの字はビールをやめて焼酎の水割りばかり飲むようになった。
消耗品のカルシウム剤もいつもお世話になっている電気屋さんで取り寄せてもらえることになった。
(本体はネットで購入)

これで便秘も解消か…と思われたが、依然として何の変化も無し。
相変わらず下剤服用の毎日です。
だいたい、下剤に頼っていて便秘を解消しようという努力は何もしてないのだ。
「飲まないと出ない」と思い込んでいる。
いかん!いかん!
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

バームクーヘン


昨日は晴れたり曇ったり。
砂の浜にいるときは晴れて気持ちよかった。
赤とんぼが飛んでいた。
砂の浜へ行く途中にある地層切断面。
島の人はバームクーヘンと呼んでいるそうだ。


天気が良かったので、
山に登ったのだけど
登ったとたん曇った。
裏砂漠へ行きたくて
ここまで来たのに、
面倒くさくなっちゃった。
また晴れてるときに行こう。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

雷~!

気分よくお風呂に入っていたら
どろどろどろ…という音とともに
家中の硝子が一斉に揺れた。
まるでティンパニを叩いているような音。
雷だよ、雷。
また地震かと思った。

雷が見たくて、急いでお風呂から上がる。
稲光と雷の音の間隔が段々短くなり、
どうやら真上へやってきたらしい。
雷が光ると真昼のような明るさっ!
しばらく見ていたが、
飽きたので台所でコーヒーをいれていると
八の字が焦ってやってきた。
「あんた怖くないん?おいらテレビもエアコンも消して来ちゃった」
物凄い音で雷がなったのだ。
「よしよし」してあげたら、居心地悪そうにして逃げてった。
今、防災放送が入った。
火山博物館辺りから南部の方まで停電しているそうだ。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

地震がいっぱい

一昨日の紀伊半島沖を震源とする地震で、伊豆大島も結構揺れた。
大きな揺れではないけれど、とても長く揺れてた。
「揺れてる…まだ揺れてる。え~。いつまで揺れるの~?」
「まだ揺れてるね。これから大きいのがくるのかな?窓、開けとく?」
と言いながらハの字が窓を開けに行った頃、やっとおさまってきた。
津波も発生して、大島にも到達したようだ。
「津波に注意するように」と町内放送が何度も流されていた。

伊豆大島は、十数年前の三原山の噴火時、連絡方法がなく情報が錯綜して
住民の避難に影響したという経験を踏まえて、各戸に防災放送の受信機(…というよりスピーカー?町内放送がそのまま流れる)が設置されたそうだ。
ウチにはないのだけどf^_^;。(どこかにあるのかな?)
結構な大音量で流れるらしく、家のスピーカーの電源は切っているお宅が殆どらしい。
外の放送で充分聞こえるので。
今は出帆港の変更や欠航のお知らせを放送してくれている。
一昨日は午前2時頃まで津波情報を放送してくれていたらしい。
(夜中の地震は知っているけど、2時の放送は寝ていて知らないぞ。)
女性の声でした。
当直は一人なのかな?
お世話様です。

そしてついさっきもまた地震。
東海沖のようです。

一昨日の地震は気象庁が予測していない箇所が震源地で
しかもプレート内部の破壊によるM7クラスの地震だったそうで
「初めての経験と気象庁困惑」という見出しが紙面(画面?)を
踊っていた。
東南海地震の引き金にならないと発表しているので、やや安心。
小さな地震を繰り返して、うまくガス抜きになってくれればよいけれど。
紀伊半島が4センチも南へ移動しちゃったそうですよ!

大型で猛烈な台風がまたまたやってきている上に、地震がいっぱいで大変。
土砂災害などが心配だ。
台風19号はこちらへやってくるだろう。
980hPaでそれほど強くはないけれど。

…あ~!買いだめするの忘れてた~~(>_<。)ゝ
この記事のURLトラックバック(1) | コメント(4) |

行かないで夏のしっぽ


こちら伊豆大島・砂の浜(さのはま)です。
昨日は曇りでちょっと肌寒かった。
どんよりした雲。
時々落ちてくる雨粒。
海の家も解体され、もう誰もいない海。
夏の気配はどこにもない。

行かないで夏のしっぽ

*行かないで夏のしっぽは数年前のルミネのキャッチコピー
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(3) |

「稲妻よ~っ!来たれ~っ!!!」

飲み物が無くて
(ホントはあるのだけど。カルピスとかお茶とかコーヒーとか焼酎とか)
ハの字はサッカーゲームばかりしていて遊んでくれないし。
暇だから。
自動販売機へ買い物に出掛けることにした。
雷が鳴っているけれど。

外へ出ると、ちょっと雨が降っていた。
傘もささずに出掛けた。
「オレなんて帽子二重にかぶってるからね~」ハの字が言った。
ズラ+帽子ということか…こんな哀れなボケをかまさなくても。

灰色の雲の中で雷が光を放っていた
そんなに降らないと高をくくっていたが
雨はいつしか横殴りになっていた。
両手を空にかざして叫ぶ。
「稲妻よ~!来たれ~っ!我に力を~っ!!!」
「…あんた。ががーんって落ちるよ。ががーんって」
と言いながらハの字は私のつむじをつついた。

通りの両端に車がいっぱい停まっていた。
そうか、今日は町役場でチャリティー歌謡ショーが催されているのだ。
自動販売機の灯りでお財布の中を確認する。
小銭はわずか。
千円札を握り締めて、ハの字は道路の反対側の自動販売機へ走った。
が、泣きながら戻ってきた。
「故障中~」
私の不二家レモンスカッシュとハの字のチューハイを買って家に帰る。
「走るか?」
「え~っ!」
「歩くか!」
「うん」
風雨のなかとぼとぼ歩いた。
「こんなんで風邪引いたらバカだよね~」
なぜか笑いがとまらなかった。
「あんた、なんで笑ってるん?」
ハの字はちょっと不機嫌だ。

頭の地肌までびっしょり。
しずくが首をつたって気持ち悪い。
ハの字はまたサッカーゲームを始めた。
この記事のURLトラックバック(1) | コメント(2) |

サンセットパームライン


元町から北へ海岸沿いに作られた道路。
ドライブするのも気持ちいいですが、
サイクリングやウォーキング、ランニングもいいですね。
(私はやりませんが)
歩いてる老夫婦やマラソンのトレーニングしている人を見かけます。


サンセット…の名の通り、海を西側に臨むので夕焼けがきれいです。
「赤禿(アカッパゲ)」という夕映え景勝地もあります。
この日は夕焼けにはまだ早すぎでしたが
大きな船が通るのをぼーっと眺めてました。


海を見ながらのドライブは楽しい♪
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

大島公園 動物園



年中無休。入園無料。えさをあげてよいので楽しいです。
入り口の売店でえさ(落花生)売っていますが、閉まっていることもあります。
皆さん、家から持ってくるみたいですよ。
プレーリードッグは順番にえさをもらいに来て、立って食べているところがかわいい。
ヤギの赤ちゃんがいました。笑顔だった。
ワオキツネザルも赤ちゃん連れでした。


七面鳥が怖いんですよ。
羽を膨らませて「ぶるるる~っ」って言いながら迫ってくるの。
怖いから逃げるっ!何もあげないっ!
キョンも放し飼いにされていて、どこからか集まってきます。
千葉では畑を荒らしているキョンですが、見た目はかわいいですよね。

「えさをあげる」という行為はなんで楽しいんでしょうね?
食べてもらえるとホントにうれしい♪
お子様連れには最高の遊び場だと思います。
真夏に行くのは辛いけど、これからの時期はおすすめ。
私もまた行きたい。



ロバのいい顔が撮れました。

アライグマは夜行性?お尻を向けて寝てました。

ゾウガメは希少動物だそうです。
でも甲羅に「せいこ」など、名前を書かれていてちょっとまぬけ。
暑いので微動だにせず寝てました。


海とラクダのミスマッチ。
呼ぶと近くに遊びに来てくれます。
でも、たまに胃液を掛けるので要注意。
嫌われないようにしましょう。

このほかにも色んな動物がいます。
大島公園動物園をご覧ください。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |


もっと前のページ | メイン |
09





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。