Categories

New Entries

Recent Coments

Recent Trackack

Archive

Profile

Blog People

Link

Others

Search



(ACC since 07/JAN/2005)






伊豆大島で運転免許を取得↓
免許合宿 合宿免許アイランド
激安、格安の合宿免許のアイランド



夫のハの字と2人 伊豆大島で生活していた頃の日記です。
現在は住んでおりませんので、
大島についてのお問い合わせにはお応えできません
恐れ入りますが、ご質問は各施設や事業所へお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL| トラックバック(-) | コメント(-) |

島とうふ

島とうふ

げんろくというスーパーで購入した「島とうふ」値段が書いてないのに買ってしまった。
レシートを見ても、都会と違って商品名が書いてないのでどれだかわからない。
たぶん210円。
(この日、私は210円のものばかり購入してた)

湯豆腐にして食べた。鶏肉なども入れたので水炊きという感じ?
絹ごしだけれど結構しっかりしていて、味が濃い。豆の味がする。
豆腐嫌いのわたしだが、まぁ悪くはないと思った。
豆腐好きの人にはバカウケかもしれない。
湯豆腐好きのハの字は「うまいうまい」と喜んで食べていた。
よしよし。
スポンサーサイト
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(8) |

海外旅行をするときは

年間、約1700万人の人が海外旅行をする時代。
今は世界のどこへ行っても良いことになっている。でも旅行をするにはルールがある。
その国の法律は守らなければならない。宗教観や習慣や文化は尊重しなければならない。
その国の状況や国民性や宗教や文化や習慣など充分な下調べが必要だ。
服装や言葉やしぐさ…日本人にはなんでもないことがその国の人を激しく傷つける場合がある。
中東でのアメリカ軍女性兵士の短パン姿が、イスラム教の人々にアメリカへの反発心を抱かせたという話も聞く。「旅先の恥は掻き捨て」という訳にはいかないのだ。
02年にはヨルダンのベツレヘムでイスラエル軍による侵攻作戦の最中だと知らずに旅行していた日本人旅行者カップルが報道陣に救出されるという事件があった。銃弾で穴だらけの建物をバックにカップルがのんきにガイドブックを広げている写真が世界中に配信された。
日本人は平和ボケしていて、のんきで、世界を知らないのだということを自覚したほうが良い。
何のために旅行するのか、よく考えてから旅立ったほうがいい。
「どうにかなるさ」と思いがちだが、自分の力ではどうにもならないこともあるのだ。
私もかなりのんきな旅行者で、英語もろくに話せないのに一人で出掛けたりしているけれど
時事は調べるよ。危険だと判断すれば旅行を中止するよ。

パレスチナのアラファト氏が病気治療のためパリへ移動した。軟禁状態になってもう2年も経ったというのだ。時が流れるのはなんと早いものだろう。

バグダッドの近くで日本人らしい遺体が発見され、身長や体重、後頭部の髪の特徴が香田さんと一致しているそうだ。遺体はこれからカタールに運ばれて確認される予定だ。
香田さんはバグダッドで何を見たかったのだろう?何をしたかったのだろう?
どうか無事に帰ってきて欲しい。

*午後になって遺体は香田さんではなかったと速報が入った。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(3) |

厳しい避難生活

MSN毎日: 新潟中越地震:足伸ばして休んで エコノミークラス症候群対策、自衛隊がテント設置

1000張りのテントを用意したらしいけれど、テレビの報道によると希望者が少ないそうです。
家族単位で使えるそうなので、車で生活している方は是非、移ったほうがいい。
自治体では皆さんが車で寝泊りをしている駐車場に見本のテントを作ったりして広報活動をしているらしい。オートキャンプ場のように、車のそばにテントを張ってくれたらよいのにね。
生理的なことを言えば、エコノミークラス症候群はただ足を伸ばして寝ないから起こるというものではない。みな水分が足りないのだ。飲み水がない上に、飲めばトイレに行きたくなる。しかし仮設トイレなんかじゃ用は足せない。なるべく行きたくない。そのため水分を摂らないようにしている人も少なくないのではないかしら。

「精神的なケア」だとか言って、心理士を派遣するのも悪くは無いけれど
身体的な危機を脱しなければ、精神の安定などはかれるものではない。
食事と排泄と休息、まずはそれを充足して欲しい。
援助が細切れだなぁ。
被災した自治体に任せるのではなくて、国がやってくれたらいいのに。
職員はもうへとへとだろうな。

10月27日の日記には「長岡や小千谷など震源近くから離れて、ライフラインの断絶していない地域へ避難することはできないのか?」と書いたけれど、やはり避難している方が土地を離れたくないと考えているようだ。

日本人は土地と家に執着心が強い。愛着を持っていると表現したほうがいいのかもしれない。
一時帰宅をした山古志村の方々の「本当は位牌を持って行きたいんだ」という言葉と
「必ず帰ってくるからな」 と涙ぐむ姿には私も胸がえぐられるような思いがした。
土地に執着するのは国民性というか習性だから仕方がない。
でもこんなときには外へ避難することも考えなければならないと思う。
出たくないって言ってるから放っておくというのはどーなのよ。
国がきちんと保障してくれたらなぁ。皆が納得して避難できたらいいと思うのだけど。

要請がないと自衛隊が動けないという仕組みは「独裁者を生まない」ためには仕方の無いことだ。総理大臣の一声で軍隊が動いてしまっては、それは恐ろしいことになってしまう。
だけどさ~。こんな災害のときはどうなのよ。どうなの?
災害対策本部なんてものを作ってるんでしょう?どうなってるのかな?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

無人の野菜売り場


元町港のバスターミナルの角にある無人の売店には、小松菜が100円で売っている。
明日葉も青梗菜も100円。
今日は午後2時頃行ったので、もう小松菜は売り切れだった。
明日葉は港で売っているよりも少し安価。(量はちょっと少ないかしら?) 大島を出発するときにお土産として買ってみるのも良いかもしれません。

港にはちょうどかめりあ丸が着いたところで、釣り客や観光客で賑わっていた。
ソフトクリームが食べたかったけれど、買うのが面倒でやめてしまった。
防波堤に座って食べればよかったなぁ。




玄関先の椿が咲いた。
街路樹や他のお宅のは咲いてないので
たぶん我が家が一番乗り。
種類がちがうのだろうか?
よく見るとつぼみがいっぱい膨らんでいる。
これから冬の間、
ずっと楽しませてくれるのだろう。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

今日は暖かな大島


大島の街中には今でもこんな半鐘があります。

ラグマットを買った。
綿だけど、思っていたよりふっくらして暖かい。
でも遊び毛がいっぱいで、いくら掃除をしてもすぐに部屋が埃でいっぱいになってしまう。
色の濃い服を着て寝転ぶと埃だらけになって最悪だ。
髪にも埃がついているらしく、散歩の途中でハの字がとってくれた。
「私はホコリだらけなん?」
「あんたはホコリだらけだよ」

昨日の大きな余震は群馬南部でも震度5と放送されていたので
ほとんど群馬に近い埼玉に住んでいる母が心配でメールしてみると
母は千葉に祖母の墓参りに出掛けていた。
「どうしよう!家の中めちゃくちゃかな?」とちょっと大げさに驚いていた。
母の住む場所は震度3だと後で知り、教えてあげた。
母は伊勢湾台風も40年前の新潟地震も経験している。
そして1968年の大雪「台湾坊主」でも2歳の私の手を引いて
裏の窓から祖父の家に非難したのだ。
あのときのことは私もよく覚えている。
海のすぐ目の前に住んでいた。爆発したような波がアパートにかぶった。
小石が海から飛んできて窓を割った。
玄関の外の道路は川と化し、大波が防波堤を越えて容赦なく打ち寄せてきた。
「もうあんな思いはしたくないよ~」とメールがきた。
きっと肩をすくめてぷるぷるっと震えるしぐさをしているだろう。

土砂から4日ぶりに助け出された優太くんも2歳なのね。
大人になっても覚えているのかな?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

また眠れぬ夜

イラクで邦人が誘拐されました。
政府はまた「自己責任論」を押しつけるのでしょうか?
前回の邦人人質事件のときは世論も政府側に動いて
「救出に税金を使うなんて反対!」「勝手に行ったくせに」などという人が多かった。
でも今回は絶対に人質を責めたりしないで欲しい。

「自己責任」という言葉は政府の責任逃れの言葉にすぎません。
確かに公務員とて人間なのでボヤく。
「だからイラクに入るなっていったんだよ~」
「こっちは寝ないで仕事してるんだぜ~」
「なんでオレがこんなことしなくちゃなんねーんだよ」
「無駄な仕事増やしやがって」

「こんなに迷惑をかけたのに、それでもまだイラクに残りたいなんて、どうして言えるんですかね」
あのときの小泉さんのボヤキ…今でもムカッときます。
人間だからボヤいたってかまいません。
でもそれはオフレコでなければならない。
前回の邦人人質事件のときは決して公にしてはいけないこの「ボヤキ」を
政府はメディアにのせて思いっきりしゃべってしまったのです。誰もカレもが…。

世論はそれにのってしまった。
もし人質が殺されてしまったとしたら、政府も国民もそのショックには耐えられない。
もしも殺されてしまったときのために政府はボヤいて言い逃れや言い訳をし、
国民はそれに同調して「行くなと言ったのに、勝手にイラクに行ったんだからしょうがない」と無意識に合理化し、ショックを和らげるため心にクッションをあてがった。

怒りの矛先は人質に向けられてはならない。
「自己責任」など株の売買の中だけで存在する言葉だ。
議論すべきは「どうしてイラクなんかに行っちゃったのか」ではなく
「どうやって助け出すか」じゃないんですか?


そして三宅島へ帰島の話の中にも「自己責任」という言葉が使われている。
「有毒ガスが出てるけど、帰ってもいいですよ。死んでも都は関係ありませんよ」ということだ。
ガスがどれくらい出ているのか、どれくらい危険なのかを調べて、
帰島して生活ができるかできないか判断して命令を下すのは「都の責任」でしょ?
行政のぼやきは聞きたくないのです。
この記事のURLトラックバック(1) | コメント(4) |

まだまだ余震が続いている。

新潟県中越地震で被災した方々へ謹んでお見舞い申し上げます。

今日も震度6弱の余震があり、つい今しがたも地震速報が流れています。
長岡や小千谷など震源近くから離れて、
ライフラインの断絶していない地域へ非難することはできないのかしら?
10万人あまりが避難生活をしているので受け入れ場所を確保するのも
移動するのも容易ではないと想像はつくけれど。
せめて小さなお子さんや高齢者のいらっしゃる世帯は安全な場所へ避難してほしい。
自治体の横のつながりが乏しいので、他県へ非難というのは難しいのかもしれないけど。
こんなに余震が続くのでは「避難」になっていないと思うのです。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(6) |

新潟県中越地震…私にできること。

私も政府の批判ばかりしていてもしょうがないな。
元気だったらボランティアに行きたかった。

23日から土砂に埋まっていた車の中から、先ほど子供が救出されました。


↓頑張っている方のブログをトラックバックさせていただきました。
(トラックバックしっぱなしでご挨拶もせず、大変失礼いたしております。ごめんなさい。)

アフィリエイト・エッセンス | 新潟中越地震でアフィリエイターの輪を

みゅうのショッピングモール|アフィリエイト募金します/自分に今何ができる?

キッチュなアフィリエイターtama's HOUSE|楽天募金の呼びかけ/必要な支援物資と送り先

新潟中越地震「現地発」情報 地域別整理blog

無駄だらけの毎日。|小さなことから。

BLOG STATION|【新潟中越地震】出来ることから始めよう。

♪Citrus Sinensis |新潟県中越地震
"「救出を、ショウにしてんじゃねーよ!!」と思ったら各マスコミまでご意見を。"に一票!

MTTRブログ
安否情報や市町村への直接支援の情報を掲載されています。

*--- 松花堂の雑記帳 ---*|義援金情報リンク

exnux weblog|Re: Yahoo!ニュース - コンピュータ - ITmediaニュース

文車 excite|ニフティの特設サイトで、インターネットで義援金が払えるようになりました

つれづれ日記@らいぶ らいふ|ネットマイル募金

siesta**blog|微力ですが義援金。

西表島|被災者の方へ ~まずは小さな一歩から~

Aim High News Review|新潟県中越地震への支援(続報2)・・・寄付金控除?

くらげブログ|新潟県中越地震義援金

恥部ログ|モーツアルトと地震

新潟県「平成16年新潟県中越地震に関する情報」

News Cafe|小さな輪を大きな輪に。
この記事のURLトラックバック(9) | コメント(7) |

明日葉のおひたし

眠れないの。なぜだろう?

明日葉

今日の夕食はカルボナーラ(小エビ入り)と明日葉のおひたし。
野菜が高騰しているこの時期に100円で買えるありがたさ。
明日葉は生命力が強く、「葉をちぎっても明日にはまた葉が生えてくるから明日葉という名前がついた」といわれる植物。「まぁ、実際にはそんなことはありませんけどね」と島の人に言われた。
それでも三原山の噴火のあと、一番に生えてきたのが明日葉だそうだ。
生命力が強いのは確か。
お味はモロヘイヤ風。



 最近のお気に入りはラズベリーの果汁入り発泡酒。
 やっと大島の酒屋さんでも見かけるようになりました。
 昔は極まれにドイツ製のラズベリービアが売っていた。
 クリスマスの夜に女友達と寂しく飲んだりしたものだ。
 私はお酒は飲めないのだけど、
 これはぐびぐび飲んでしまい
 ふらふらになるので要注意なのであ~る。
 りんご味もあるけど、ラズベリーが好き♪
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(6) |

まだ余震が続いている。

新潟を紹介するblog: 平成16年(2004年)新潟県中越地震
小千谷など新潟中越地方で早朝震度5強の余震(asahi.com)


本震から二晩明けた今朝も震度5の余震が…。
救援物資も行き届いていない様子。
村田防災担当大臣が「今、必要なものは?」などと被災者に聞いていたけれど
のんきにそんなことを聞いている場合ではない。
休息場所、防寒具、飲料水、温かい食事、トイレ、お風呂…
必要な物くらい地震が起こる前に想定していないのだろうか。
「災害時の救済には3段階ありまして~、第一は瓦礫の下敷きになった方達を救助するなどの生命の救済、第二は被災者への食事や休息所などの生活の救済…」とテレビのコメンテーターが話していたけれど、生命の救済と生活の救済は同時進行でなければならない。
阪神の震災で一体何を学んだのだろう?と首を傾げてしまう。

翌日の早朝、報道のヘリが孤立した村の様子を伝えていたけれど
行政のヘリは飛んでいたのだろうか?
ライフラインはすべて寸断されているのだ。
被災した地域からの報告を待っているのではなく、こちらから情報を収集しにいかなくてどーする。夜明けと同時にヘリを飛ばして目視したらよいのだ。
飲料水や食料の調達も被災した自治体(市町村)にやらせているようだけれど
なぜ国が仕切らない?
被災した自治体が食糧の調達をしなければならないなんて
怪我をした人を走らせるようているようなものだ。なんだか歯がゆい。
今朝になって「連絡が取れず孤立している地域がまだあるらしい」とテレビで報道されていた。
もう二晩たっているのですよ。
道路に「SOS」と書かなければならないとは、なんと切ない。
「全力で」とか「一丸となって」などと抽象的なことを言っている場合ではないぞ小泉さん。
いつまでに何をやるのか具体的な方針を示し、何がどこまでできたのか報告して欲しい。
政府が何をしているのか全く伝わってこない。

地震や災害から身を守るために「ライフライン」
防災グッズを準備しておいても、今回の新潟地震のように大きな余震が続くようでは、
危なくて家に取りに戻れませんよね。
この寒い中、皆さん外で過ごしているようです。

新潟は私の故郷です。離れてからもう30年以上経つ。
テレビから被災者の言葉を聞くと、お国言葉に懐かしさを感じます。
新潟に住んでいる親戚とはもうほとんど付き合いがないのだけれど
それでもどうしているのか心配です。
台風23号で浸水した豊岡にはハの字の親戚がいるし。

新潟は今日、雨になるかもしれない。
この記事のURLトラックバック(2) | コメント(7) |

@niftyTVにしてやられる

@nifty TV on 4th MEDIAに加入したのだが解約。
ブロードバンド放送はまだまだ早すぎた。

ザッピングの帝王・ハの字のために
我が家はもっとチャンネルを増やさなければならない。
我が家はプロバイダーがニフティだし、工事いらずで取り付けが簡単なようだし、
レンタルビデオ屋さんがなくてもビデオが観られる!というので加入したのだ。

だけどチューナーの基本設定をしたらチューナーがフリーズしてしまい
リモコンは全く利かず、本体の電源ボタンを押しても電源が切れない
@nifty TVのサポートへ電話して聞いてみたところ
「ただいま回線が故障中です」と言われた。
ネットの「故障情報」を事前に調べていた私は、3時間も前に復旧したことを知っている。
それを指摘すると
「え~。あ、そうですね、それでは…コンセントから電源を抜いてください」と言う。
通話を続けたまま基本設定をやり直したのだが、アルファベットの入力ができない
(アルファベットを入力するための小窓が表示されないのだ)
もう一度電源を入れなおして再度設定しなおす。
今度は画質を選択できない
「高画質」が選択されており、「普通」に直そうと思っても直らないのだ。
「高画質にしていると回線がつながりにくかったり、表示が遅くなることがありますので普通を選択してください」と言われる。
「選択できないのであれば高画質のまま保存してください」
保存を押したが登録が出来なかった。
「申し訳ありません。画面が表示されるのは本日の午後6時以降です」
と言われ電話を切る。
そうは言われたが、登録だけしてしまいたかったので
その後も基本設定をやってみたところ2~3回目で登録でき、
午後6時を待たずにテレビをみられるようになった。

だがリモコンのボタンを押しても反応せず、何度か押してやっと表示が変わるという状態。
チャンネルが変わるのも遅い。5秒以上掛かる。
電源を入れてから立ち上がるまでの時間が異様に長い。1分以上かかる。
画質も悪い
ザッピングの帝王・ハの字にはこんなテレビはイライラのもとだ。
これが普通なのだろうか?
仕方がないのでもう一度サポートへ電話をしてみる。
「チューナーはレンタルですか?」と聞かれる。
レンタルもあるのか?「必ず購入してください」と、そこかしこに書いてあったではないか!
購入したものだと告げると「これが普通だ」と言われる。
「皆さん、有料の出張設定を利用されているので、不安であればそうしてください。
 大島なので別途出張費用も掛かります」と言われる。
設定はもう出来たのだっ!
チューナーがフリーズしたり、反応が遅いのを私のせいにしたうえに
お金を出して出張サポートをたのめと言うのか!

それでぷちっと切れてしまった。
解約するからチューナーを返品する!というと一度開封したものは返品できないと言う。
チューナーの調子が悪いので返品するのだ!そんなの開けて使ってみて初めてわかることだ。
するとメーカーに問い合わせろと言う。
またまたさらにぷちぷち切れる。

フリーズするチューナー。
「回線が故障している」「テレビが観られるのは6時から」と平気で嘘をつく窓口の人。
こんなでは安心して観ていられない。
この先、不具合があっても何の保障もないだろう。
そして私の設定が悪いように言われるのだ。

電源を入れてから画面が表示されるまでの時間が長いこととチャンネルが変わるまでに時間が掛かることは調べなおして電話をくれることとなった。
が、翌日には「まだ判りません」との電話。
翌々日には「やはりそういうものです」との電話があった。
画面の切り替えに時間がかかるなどとホームページのどこに書いてあるのか?と問うと
「それは書いてありません。お客様のご意見は今後の参考にさせていただきます」と言う。
今後の参考になどしてもらっても、私には何の役にも立たない。
返品したいことを告げると、同じように返品は出来ないという返事だ。
「返品は上のものに聞かないと判りかねます」というようなことを言われ、
「じゃぁ聞いてください」と間髪を入れずに言い返す。
結局、翌日「上の人」から電話があり、あっさりチューナーだけ返品を許された
解約手続きもするという。
この3日間の恨み言をたっぷり聞かせてやろうと思ったが、やめてしまった。
きっと言ってもわからない。
「うるさい客には見てもらわなくて結構よ」という経営方針なのだろう。
本格始動したばかりのアットニフティテレビなのに、これでいいのだろうか?
私が経営者なら、なんとかして継続して契約していただけるように考える。
「チューナーを交換させていただきますので何卒…」とか
「チューナーの代金はお返しいたしますので何卒、契約を継続していただけませんでしょうか」
それくらい言ったらいいのに。
@niftyTVのサイトにはこんな苦情を書くスペースもないのですよ。

10年以上前、パソコン通信の時代にニフティを使っていた。
途中、違うプロバイダーに浮気していたが、ニフティに愛着がないわけではない。
フォーラムなんて言葉を聞くと本当に懐かしくなる。
なんだか悲しいよ。
他のプロバイダーはネットにつながらなくなってしまって電話したとき
プロバイダーとは関係のないパソコンの設定がおかしくなっていたのにも関わらず
親切に教えてくれたのになぁ。

@niftyTVはまだまだですね。
スカパーにします。
(ブロードバンドテレビ、ブロードバンド放送、アットニフティテレビ)

追記:11月27日2004
木村拓哉がFletsTv(フレッツ・テレビ)のコマーシャルしているけど
カーソルはあんなにすらすら動かないもんね。
ビデオが観られるのもいいと思っていたけど、検索してみたら全然ダメ。探せない。
例えば「トリック」を検索しようとしても、
ジャンル別でも、「ト」で始まる項目で検索しても出てこない。
仲間幸恵で検索しようと思ったけど「な」行には4人しか名前が無く、
往年の女優の名前のみ。
仲間幸恵は載ってなかった。阿部寛も載ってない。
観たいビデオを探し当てるのはかなり大変。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

最近のお気に入り…リラックスチェア

日向ぼっこな毎日
最近購入したリラックスチェア。
海に持っていこうと思って買ったのだけど、持って行くにはちょっと大きかった。
折りたたんでもあまり小さくならない。
日向に持っていって本を読むにはちょうど良く、リゾート気分を味わえる。
日向はあったかいね。気持ちいい♪

夜はこの椅子をハの字に占領されている。
小さなテーブルまで引っ張り出して傍らに置き、グラス片手にテレビを観ている。
でも良かった。
「こんなもん買いやがって~」と言われたら悲しいものね。
気に入ってくれたら私もうれしい。


アンジェ
 で共同購入したリラックスチェアはなかなか優れもの。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

大島図書館


小さな古い図書館。
ノスタルジックな空間だった。

高校生の頃はよく授業をサボって友達と図書館で過ごしたものだ。
昭和の初期に開校した古い高校で、蔵書も古いものが多く、
私と友達は古そうな本を見つけてはその「値段の安さ」で競っていた。
昭和の初期の本はどれも「壱円弐拾銭」などという価格がついていて
その物価や字体にノスタルジーを感じた。
大島の図書館にはそんなセピア色の思い出と重なる雰囲気がある。
あの時の図書館の埃やカビの匂いとひそひそとささやく友の声をふっと思い出して
空気が波紋のように揺れた気がした。

ふと目がとまった本を手に取り、そのまま借りてきた。
「バビロンの流れのほとりにて」
タイトルに惹かれた。
字が小さくて、読みにくいかもしれない。
全部読めないかもしれない。
でもいいのだ。時間は充分過ぎるほどある。



レタス780円か。
それでも買う人がいるのだ。
もう売り切れていた。
旅館の方たちかな?
こんなに野菜が高いのでは商売をしている人は本当に大変だろう。
ほうれん草も小松菜も大根も398円。
ホントに明日葉を摘みに行かなくちゃ。



この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

台風一過の夕日


午後遅くなってから、やっと晴れ間が出てきた。
ハの字と散歩する約束をしたので、ハの字の仕事が終わるのにあわせて家を出た。
通りに出ると、まん丸の夕日がちょうど沈んでいくところだった。
ふらふらと坂道を下りながら写真を撮る。
そういえば私の歩き方には特徴があるらしく、
「遠くを歩いていても歩き方ですぐさらさだとわかる」とよく友達に言われたものだ。
飛び跳ねながら歩いているらしいのだ。自分ではまったく気づかない。
そんなことを思い出してニヤニヤしながらピョコピョコと坂道を降りた。

ハの字の歩き方にも特徴がある。
ボキャブラリーがないので言葉では表現できないのが残念。
以前ハの字の弟夫婦と出掛けたとき、ハの字と弟が二人で並んで歩いているのを見て、
あまりに歩き方がそっくりだったもので、義妹と指差して大笑いしたことがあった。
DNAというものは不思議がいっぱい詰まっている。
不思議にぐるぐるとらせんを描いているなぁ。

散歩はあっという間に終わり。
海をちらりと見て、くるりと踵を返して帰ってきた。
だって腹ペコだったのだもの。

私のママチャリでは登りきれない坂道も、ハの字のギア付き自転車ならなんとか登れる。
時々貸して欲しい。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

目覚めれば筋肉痛

昨日、夕方から急に風が強くなり、夜には暴風雨となっていた。
断続的に窓に雨が打ちつける。まるでホースで水を掛けられているよう。
「ぜってぇ誰か、庭でホース振り回してるよー!」とハの字が言った。
「きっとこうだよ。あはははは。あはははは~」ハの字は頭上で腕を振り回した。
昼間は寒かったのに、暴風域に入って南風に変わってから
気温はぐんぐんあがり、25℃に迫る勢いだ。

「ちょっとパトロールに行く?」と二人で顔を見合わせてニヤリとした。
…でもさすがにこの風雨の中外に出るのはためらわれた。
「玄関開ける?」「開ける開ける」…どやどやと大げさに足音を立てて玄関に向かう。
玄関の戸を開けると外は物凄い風! 生暖かくて、生臭かった。海の匂いだ。
「終了ー!」…どやどやと部屋へ戻る。

風の音と風が窓を叩く音、それと暑さで眠れない。
明け方になって、風が止み、静かになったけれど
遠くでごーーっと音がしていた。海が鳴っていたのだろうか?

浅い眠りから覚め、起き上がると…「いてててててて」
背中がこわばっている。腕も肩も痛い。
「きんにくつうううううだぁぁぁぁぁぁぁ」
昨日の「雨戸を持ってカニ歩き」が相当堪えたらしい。
特に肩甲骨の上の筋肉が痛い。(筋肉の名前を忘れた)
「痛いよ~」

起きたら玄関前の掃除をしなくちゃ…と思っていたが朝になっても風雨は止まない。
北風が吹いてる。
船は全便欠航。どこかの道路が通行止めになったらしい。
そう防災放送が教えてくれるけど、風の音でかき消されて聞き取れない。

台風22号ではあまり波は大きくならなかったが、
今回は波が高く、波をかぶって崩壊したお宅があるよう。
全国でも死者・行方不明者60人以上だ。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

雨戸がいちま~い。。。

雨戸が一枚…雨戸が二枚…。。。一枚足りな~い。うらめしや~。

朝から重労働。
建て付けの悪い木製の雨戸を戸袋から引っ張り出し、
殴り、叩き、蹴飛ばして敷居の上を進める。
中央部分にある柱が出っ張っているため、雨戸が引っかかってそれ以上進めない。
仕方なく雨戸を外して移動してはめ直す。
引っかかってはまらない場所もあるので、
雨戸を持ったまま右へ行ったり左へ行ったり…(- -#)
「これはダメだ。こっちはどうだ」と雨戸を代えて、はめたり外したり…
まるでパズルのよう。
そして、最後にもう一枚っ!っと…、ん?動かないっ???
え?あれ?これ戸袋の壁だ…。
いちまいたりな~い。


これだけ閉まればいいかしら?

玄関先のもみじの葉っぱは、紅葉する前に枯れて落ちている。
もう、ちょびっとしかない。
台風がきたら、もう葉っぱがみんな落ちてしまうかしら?


この記事のURLトラックバック(0) | コメント(8) |

大型台風その名も「トカゲ」

フランキンのFeel so Good! | あの夜の災害放送が・・

FM伊東が果たした役割は大きかった。「台風直撃で奮闘 被災者に希望の放送」
という見出しで伊東新聞のTopに掲載されたそうです。
asahi.comにも。)
情報収集には苦心されたとか。
どこも混乱して麻痺してしまうのでしょうね。
そんな中、リスナーからの電話やEメール、スタッフによる目視によって情報を収集されたそうで、伊東の皆さんが助け合い、励ましあって乗り越えた様子が伺えます。

停電した真っ暗な部屋の中で、頼りになるのは小さなラジオひとつですね。
火山の島に住んでいるのに、何の備えもしていない我が家。
これを機会に防災グッズをそろえなければ。その中には当然ラジオも。
また台風がやってきます。
「高気圧よ!張り出せ~!」と念力を送っていたのですが届かなかったようです。
今日、午前中に買い物を済ませてきました。

前回の台風のとき、完全に閉じなかった雨戸。
あれから手入れなどしていませんf^_^;
買い物から帰るとなにやら「ガリガリ バリバリ」と壁を引っかく音が。
窓を開けて外を覗いてみると、なんと!
戸袋の隙間からリスが顔を出して、こちらを覗いている。
「こりゃっ。なにしてんの?」と声をかけるとしゅるりと戸袋の中に入って
またまた「ガリガリ バリバリ」とはじめてしまいました。
時々窓を開けて覗いたり、壁をとんとんと叩いてみたりしても
リスは一度も顔を出さずに絶え間なく「ガリガリ バリバリ」
1時間位したら、音が止んでしまいました。
何をしていたのだろう?
雨戸を閉めるのは明日で良いかな?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

夕方の散歩


本日、ハの字はいない。
今夜の夜行船に乗って、明日の朝6時に帰ってくる。
そして普通に仕事へ行く。
お隣のお母さんに「今日はひとり?寂しいわね」と言われた。
どうやら私とハの字はいつも一緒にいるらしい。
そういえば日曜日に一人でいるのは初めてだ。

夕方もまたドライブ。
サンセットパームラインを走った。
時々バックミラーに真っ赤な夕日が映る。
早く、早く、どこかに車を停めなくちゃ。
そう思いながら突き当りまで…f^_^;
今日二度目の野田浜。
昼間、私の隣に車を停めた釣り人はまだ釣っていた。
潮流れの中に立っていた白波はもうない。
富士夫…また会ったね。
夕日はまん丸のまま伊豆半島に消え、空が真っ赤に染まった。


ここのところずっとイライラしていたのだけど、なんだかちょっぴり吹っ切れた。
もう頑張らないと決めたのに、また頑張ろうとしてた。
諦めではなくて、開放。
自分を逃がしてあげよう。
縛らなくていいんだ。
ムリはしなくていいんだ。
そうハの字にも言おう。
私達は自由になるために大島へやってきたのだから。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(6) |

待ってました!太陽さん

今、わたくしの家の中は、色んなところで一斉にカビが生えております。
壁に飾っていたユーカリのドライフラワー、玄関に出しっぱなしだった夏のサンダル
籠のランチョンマット、イグサのドリンクホルダー、靴箱の中のくつ
その他モロモロ…。
籠のランチョンマットと一緒に置いてたアッタ製のランチョンマットはカビてなかったので、さすがアッタ!と感心していたのだけど、トイレに置いてたアッタのバッグはうっすらと白みどりぃくなっていた。
あ~(:_;)
続きをごらんになる?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

髪を切りすぎた…。

大島医療センターでインフルエンザの予防接種をしてから 髪を切りに行ってきた。
もう、そんな季節。

6月からずっと伸び放題だった髪。
どうしようか迷ったけれど 島の美容室へ行くことにした。

続きをごらんになる?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(13) |

日暮れが早い



日が暮れるのが随分早くなってしまい、ハの字の帰りを待っていると
夕焼けに間に合わない。
真っ赤に染まった台所で ぼーっと立っている。
ハの字をおいて一人で散歩に行くか…。

台風以降もずっと雨。
昨夜もずっとしのつく雨音を聞いていた。
雨降りは嫌いじゃないのだけどね。
雨が降る様子や、物干しについた水滴を眺めているのが好きだ。
軒から落ちる雨だれも
くもの巣についてる雨粒も
見所はたくさん。
でも寒いのや 湿気で衣服が重くなる感じがきらいなので
もうコタツにあたりたい気満々なのです。

冬の暖房器具をまだそろえていない。
エアコンで我慢するか、石油ストーブを購入するか…。
以前から使っていたガスファンヒーターを持ってきたのだけど
ガス栓が部屋にないので、台所から引っ張ってきてもらわなければならない。
それは面倒だな。
石油ストーブは灯油を補充するのが面倒だけど
お湯を沸かしたり、なんならモツなんて煮ちゃってもいいじゃん…と考えて
ほくそ笑んだりしている。

ラグマットがないので、ネットで購入しようと思っている。
気に入ったのがあったのだけど、希望のサイズがなく、
大きめサイズにしようか 違うものにしようか迷っているうちに
大き目サイズも売切れてしまった。
ちぇ~っ。
みんな冬支度に忙しくしているのね。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(14) |

台風の後…。

フランキンのFeel so Good! | 災害放送

海の向こうの伊東市では昨日の台風で大きな被害を受けた様子。
今日の夕方になってテレビで見てびっくりした。
民家の屋根が飛ばされ、みかんの木が根こそぎ倒され、土石流により5人が死傷。
海で隔てられているとはいえ、すぐそこにあるような感のある伊東。
(伊豆大島から伊東市はジェット船で1時間の距離だ。見た目では泳いで行けそう。)
そんな近くでこんなに大きな被害がでるとは…なんだか身につまされます。

伊豆大島では観測史上10月の記録初の最大瞬間風速51.5メートルを記録したものの
大きな被害は受けなかった模様。
一夜明けて街に出たが、木の枝1本落ちてなかった。
(元町は木が少ないのだけどね)
大島では街路樹や防風林に椿の木が使われているのだが
この椿、かなり強いらしい。
大島の家屋は風の影響を受けないような向きに考えて建てられ、椿の木に守ってもらい、台風の被害を防いできたそうだ。
先人の知恵ですね。

我が家は今まで一度も雨戸を出した(閉めた)ことがなかった。
きっと汚くて虫だらけだし、建て付け悪いだろうから 一度出したら戻らないだろうとか…色々理由をつけて「いいよね~。閉めなくて」と2人で意見がまとまり、雨戸を閉めずに暴風域を迎えたのだが、やっぱりむき出しの窓は怖いわね~。
暴雨がちょっとおさまった時に外へ出ると お隣のお父さんに「雨戸閉めたほうがいいよ。言いに行こうと思ったんだけどさ~」と言われた。
それから雨戸を閉めにかかったのだけど、湿っているせいもあり窓の半分くらいまでしかしまらない。動かない。蜘蛛の巣だらけ。フジツボの小さいのみたいなのがいっぱい付いている。いや~。
普段から手入れしないとダメなのね。
カラリと晴れた日にキレイにお掃除しよう。

(まぁ家の場合、裏側がサッシではなく薄いガラス窓で雨戸もないので、そっちの方が心配でした。)

この記事のURLトラックバック(1) | コメント(9) |

風の力。。。

ムービー写メールで遊んでいたら、網戸が勢いよくスライドしてびっくり!
建付けが悪く、開閉に苦労している網戸が こんなに簡単に動いてしまうなんて。
自然の力は恐ろしい。
その頃大島は観測史上初10月の記録1位の最大瞬間風速51.5メートルの風が吹いていたらしい。
「危ないから窓のそばに寄っちゃダメだよ」と八の字にゆわれた(-.-;)

そしてただ今、停電中。

しかし私ってやっぱりかわいい悲鳴が上げられない。こういう時は「きゃ~」と叫びたいものです。過去に悲鳴の練習をしたことがあるけど 「うお~」とか「うげ~」になってしまい咄嗟に「きゃ~」とは言えない私なのでした。
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(6) |

暴風域に入った瞬間…

伊豆大島は午後3時ちょっと前くらいに暴風域に入った模様。

わっっと突然一斉に庭の木が揺れた。
お辞儀したみたいにそれは大きく。
窓に雨が叩きつけられた瞬間に、窓の内側は結露で真っ白になった。

それもそのはず、吹き荒れているのは熱風!
高い海水温で勢力を増した台風がぐるぐる巻き込んでいるのは熱い空気なのだ。
室温20度で肌寒くて毛布をかぶって過ごしていたのに
外にでると不気味なほど温かい空気。

あと1時間以上は暴風域の中だろう。
うちは大丈夫かな?
テレビで見た風の強さの表では
風速30メートルで屋根が飛んだり、木造住宅が全壊したりするらしい。
やばい~(>_<。)ゝヤバイですぅ。
推定・築40~50年の我が家。頼むぅ!耐えてくれ~。

…というわけで、暇なのでお風呂でも入ろうと思っていたけれど
入浴中に屋根が飛んで避難…なんてことになったらイヤなので
暴風域を抜けるまでやめておきます。

うぉー!すっげぇー風!
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(0) |

ガス代が請求されない

引っ越してきて2ヶ月すぎた頃
ふと、気づいたらガス代を払っていない。
請求も来ない。
なのでガス屋さんに行ってみた。
するとうちは登録されていないとのこと。
入居したときに開栓しに来てもらっているし
お風呂場の工事のときには水道屋さんがガス屋さんも呼んで
来てもらっている。
(だいたい勝手に家に入って工事してた事件があったじゃないか)
単純に登録するのを忘れていたらしい。
「検針に行きます。支払いは分割でもかまいません」等と言われて帰ってきた。

そして今日。
ふと、気づいたらあれから1ヶ月経っている。
まだガス代は請求されない。
仕方ないので電話してみた。
「うん、はいはい。そうそう。大丈夫 メモリ減ってないから」と言う。
メモリ減ってない…検針には来ているのか?
ではガスは途中でなくなったりしないということか?
ガス代がどうの…というより、ボンベが空になっては困ると強く思っていた私。
シャンプー途中でお湯が出なくなったりしたら目も当てられない。
(経験者は語る)
ガスが切れることはなさそうだと安心した私は「はぁ、そうですか」と電話を切った。
ん?でもなんだか釈然としない。
あ~や~し~。
だいたい、あのおじさんは調べもせずに「メモリ減ってないから」と即答したのだ。
なぜわかるぅ?なぜわかるのだぁぁぁ???

検針は24日か25日頃だと言っていた。
なぜ先月はこなかったのだ?
いや来たのか?
なぜ請求しないのだ?
払わなくていいのか?
払わないぞ!

のんびりしすぎだよ~。私ものんびりしてるけどさぁ。
開栓のとき何も検査してなかったなぁ。圧を計ったりするよね?
ガス漏れ探知機の貸し出しとかないんだよね。
当然 ガスが多量に漏れたり、火をつけっ放しにしたときにガスの供給がストップするような安全装置などというものは無い。
ガス漏れ時の緊急連絡先も教えてもらってない。
夜中にガスが漏れたりしたらどうするんだろう?119でいいのかな?

埼玉の都会に住んでいたときは1日1回は東京ガスの車がサイレンを鳴らして走ってたもんだ。
それも異常だと思うけどね。(多すぎだよね。渋滞してると鳴らしちゃうのかしら?)
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(8) |

風が強くなってきた

台風は現在 南大東島の南。
中心気圧920ヘクトパスカル。
こっちへやってくるぅ(*_*)
きっとこの気圧のまま来るよ。
こんなの初めて。
どうなっちゃうのかしら?
午前中に買い物に行っておいた。
明日一日は家にこもってないとね。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

懐かしい草。。。



 子供の頃「すもう草」と呼んでいた雑草。
 本当はなんという名前なんだろう?
 友達と1本ずつ手折って、
 茎同士を引っ掛けて引っ張り合う
 茎がちぎれてしまったほうが負け。
 それで名前が「すもう草」
 この草は茎が三角柱なのだ。不思議。


逆さにすると、線香花火みたい。
パチパチ音が聞こえそう。

庭はまたジャングルに逆戻り。
膝まで雑草に埋もれて洗濯物を干しています。
今日は陽だまりにうずくまって雑草観察。
蚊に食われた。

この記事のURLトラックバック(0) | コメント(2) |

地震だ~~(>_<。)ゝ

震源地は茨城のほう?
随分遠くから揺れが伝わってくるのね。

以前 伊豆に旅行したとき見たテレビのニュース番組に
地震情報のコーナーがあった。
毎日の全国の地震の震度と震源地、震源の深さなどかなり詳細。
いや、あんなに毎日どこかで揺れているものだとは知りませんでした。
さすが東海です。
フランキンさんの住んでいる伊東でもそんなテレビ番組あるのかしら?

東南海地震はいつ起こるのかなぁ。
「どこで どれくらいの規模の地震が 何年以内に」
というのは予知できるようになったらしいですが、
はっきりいつ…というのはまだ予知できないそうですね。
でも先日テレビで見たのですが
中国では地震を予知して国が住民に避難指示を出して助かったということがあったそうですよ。(地震じゃなかった?)
ホントかな?
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

暑いよ(- -#)


近頃 朝が弱い。起きられない。
昨日とうってかわって
雲ひとつない青空だというのに。
「パーン!パンッパンッ!」と花火が鳴った。
運動会開催の合図。懐かしい。
雨で中止になってた 近所の小学校の運動会を
今日やるらしい。

朝は寒くてエアコン(暖房)をつけていた。
ソファで二度寝してしまい、気づいたら9時。
やっとのことで起き上がって窓を開けると
もあ~っと熱気が入ってきた。

暑い。
いつの間にか外は暑くなっていたのだ。
あわててエアコンを切った。

朝 起きられない理由のひとつは夜眠れないからだ。
寝つきが悪いし 明け方早くに目が覚めてしまう。
大島は静かだな。
夜はコオロギの声しかしない。
もう少し夜が明けてくると 鳥の声が聞こえてくる。
(たまにカラス)
昼間なにもしないのだから 眠れなくてもいいか…と思うのだけど
やはり眠れなかった翌日は気だるかったり 頭痛がするのだ。
まずは寝る前2時間はパソコンをやらない テレビを見ないことかな。
この明かりが眠りのリズムを狂わせているような気がする。


夕方 ハの字と散歩した。
夕焼け見るのは久しぶり。
伊豆半島もきれいに見えた。
街のあかりが少し灯ってた。
伊東はどのあたりかな?


この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |

寒い(- -#)

寒いんですけど。
一昨日から雨降りっぱなし、風吹きっぱなし。
我が家は古いのでサッシではない木枠の窓が数ヶ所。
ガシャガシャ バタバタと大きな音を立てている。
この間の台風の時みたい。
洗濯ものもたまっているのに これでは干しても乾かない。
…でも仕方がないので洗濯した。

夏の砂野浜

砂の浜の砂は真っ黒。
夏は砂が熱くて火傷しそうになる。
だけどよく見るとラメのように光っていてキレイ。
手のひらに砂を取って見ると 白く透明な粒がたくさん混ざってる。
ハの字がサーフィンをしている間、透明な砂だけ集めて遊ぶ。
小さな貝殻を拾って、その中に集めた透明な砂を入れておく。
さらさら さらさら 手のひらや足の甲に砂を落とす。
指の間を砂が通る感触が好き。

また来年までお預け。
この記事のURLトラックバック(1) | コメント(5) |


もっと前のページ | メイン |
10





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。