Categories

New Entries

Recent Coments

Recent Trackack

Archive

Profile

Blog People

Link

Others

Search



(ACC since 07/JAN/2005)






伊豆大島で運転免許を取得↓
免許合宿 合宿免許アイランド
激安、格安の合宿免許のアイランド



夫のハの字と2人 伊豆大島で生活していた頃の日記です。
現在は住んでおりませんので、
大島についてのお問い合わせにはお応えできません
恐れ入りますが、ご質問は各施設や事業所へお願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL| トラックバック(-) | コメント(-) |

それでも地球は回っている

小学生の4割が「太陽が地球の周りを回っていると思っている」そうです。
そのニュースは知らなかったのだけど、今日トラックバックさせていただいたフランキンさんや他の方のブログや日記に書かれているのを拝見して知りました。
かなり反響があったみたいですね。特にお子さんを持つお母さんからは…。

確かに「地球が回っている」というのは、
普通に過ごしていたら自分からは気づきにくい。
人類も気づくまでに長い年月がかかったようだし。
私の時代は学校で教えてくれていたのか。
学校で教わったことなんてあまり覚えてないけど、
地球が回っているなんて不思議ですごいことを知らないなんてかわいそうだわ。

なぜ冬は寒くて夏は暑いのだろう?
夏には部屋に入ってこない日差しが、冬には部屋の奥まで差し込むのはなぜなんだろう?
そういう風にできている…と思ってしまったら、
もうそれ以上を知ることはできない。

夜空にさざめく星たち。
私たちが見ているこの輝きは、何万年も前に星が放った光なのだ。
消滅してしまった星もあるかもしれない。
今はもう存在しない星の光を私たちは眺めているのかもしれない。
地球にも寿命がある。
いつかは死にゆく運命だ。
人間は母なる地球を汚して、その寿命を縮めていないか?
宇宙の不思議、生命の神秘、森羅万象を感じて
地球を自然を愛しみ、育む心の芽を大事に育てていって欲しい。

机上の勉強は一種の慣れだ。
解き方を覚え、暗記すればよいのだ。
学校で教える教えない云々ではなくて、子供に興味を抱かせる
自分で知ろうとするきっかけを与えてあげて欲しい。
考えることをしなければ人間にはなれないのだから。

職場で新人を教えていたとき、とても困ったことがある。
お勉強はできるのだ。成績優秀なのだ。けど、それが実体験と結びつかない。
水は高いところから低いところへ流れる。
「そんなこと知ってますよ~」と言う。
でも逆さにしてしまったりする。逆流しちゃうじゃないか!
「子供の頃、地面に溝を掘って水流して遊んだりした?」
「してませんよ~。そんなこと」
「今からやってくれ(- -#)」
子供は身体と頭を使って遊んだほうがいい。
泥んこ遊びは絶対にしなければならない。
おりこうに机に座って、教えてくれるのをただ待っていてはいけないのだ。


→この写真は近所にある昼でも点いてる街灯。

暗くなると街灯が自然に点灯するのはなぜか?
小学校2年生のときに教わった記憶がある。
すごく感動した。そうなのか~!って思った。
帰りに何度も街灯を見上げた。
今なら「へ~」ボタンを何度も押してしまいそうだ。

でも肝心の原理は思い出せないの。
誰か教えてください。
言ってることが矛盾していますね、私。

フランキンのFeel so Good!「天動説かァ・・!?」よりトラックバック。
スポンサーサイト
この記事のURLトラックバック(0) | コメント(4) |


<<腐海の底は…。 | メイン | 伊豆大島へ旅行を計画されている方へ>>


コメント

こんばんわ~TBありがとうございます。

>暗くなると街灯が自然に点灯するのはなぜか?
>小学校2年生のときに教わった記憶がある。
>すごく感動した。そうなのか~!って思った。
>帰りに何度も街灯を見上げた。
>今なら「へ~」ボタンを何度も押してしまいそうだ。

そうなんですよね~さらささんがおっしゃるように、
大切なのは、
「なぜなの?」「そうなんだぁ!」「ヘェ~」・・
その繰り返しなんだと思ったりします。

いろいろなものを見て、興味を持って、考えて、自分なりに答えを見つけ、その結果に胸をときめかす・・
そういう体験が、絶対必要なんじゃないかな・・そう思います。

子供たちにはそんな大切な体験を絶対して欲しい・・
そのために大人が果たせる役割って、大事だと思います。
知っていて当たり前のことを子供たちが知らなかったということを嘆く前に、
そういう価値観しか示してこなかった・・
なぜなの・・?という大切な起点を育ててあげることを怠ってきた
大人たちが示してきた模範を憂慮すべきだと思います。

ボクは、レイチェル・カーソンの本にある、
「センス・オブ・ワンダー」
(美しいもの、未知なもの、神秘的なものに目をみはる感性)
http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/SenseOfWonder.htm
という言葉がとても好きなんですが、
天動説を信じる子供が4割、というこのニュースを聞いて、
改めて、そういった感性を育んでいくことの大切さを感じました。

| 2004/09/23 11:43 PM |
: フランキン: URL: 2005/01/14 15:08[ 編集]
「地球の美しさと神秘を感じとれる人は、科学者であろうとなかろうと、
人生に飽きて疲れたり、孤独にさいなまれることはけっしてないでしょう。」
センス・オブ・ワンダーの抜粋から抜粋してきちゃいました。
(著作権に触れるかしら?)
この言葉、涙が出ます。

青少年の自殺や犯罪のニュースを聞くたびに、
大人は子供に、何か大切なことを話し忘れているのではないかと感じています。
何か足りない、かわいそうな子供たち。
地球が回っていようが、太陽が回っていようが、どうでもいいのかも。
そんなことを教える教えないの問題ではないのですね。

>いろいろなものを見て、興味を持って、考えて、自分なりに答えを見つけ、
>その結果に胸をときめかす・・
そういう力の種を植えてあげることが大人の役目なのだと
私も思います。

| 2004/09/24 9:44 AM |
: さらさ*webmaster: URL: 2005/01/14 15:09[ 編集]
サラサちゃん!!
ここね。書き込みのやりかたがどうもいつも分からない私です。ようやく今日もなんとか理解・・・
いつも何か書き込みたいと思うのに・・どこ?どれ?
状態で恥ずかしいです・・・・ごめんね。
さらさちゃんの日記にはいつもさらっとだけど、とっても優しくってほのぼのしたものがいっぱい詰まっているような気がするの。そこがとても好きなんです。
同じB型?それが関係するのか、勝手に私が思ってるだけなのか、言いたいことが分かるような気がしちゃう時があるんです。(迷惑?)
でも日記いつも楽しみにしてるんです。
毎日覗いちゃってる。うふふ(^0^)
でも書き込みが分かりづらい頭の悪い私です・・・うう・・
すまん・・・

| 2004/09/26 2:57 AM |
: ミル: URL: 2005/01/14 15:09[ 編集]
楽天と違って記事毎に表示されてないから分かりづらいのかもね。
記事の最後にある|comments(0)|か、
左のメニューのSERECTED ENTRYにある記事のタイトルを
クリックすると入力画面が下のほうに出てきます。
…って説明しなくてももう書けてるじゃないですか。
私も慣れるのに随分かかりました。
トラックバックってなんじゃ?って感じで。
でもブログって便利ね。

お褒めにあずかり光栄です。
そうそうB型。
私もミルさんの日記読んで「うんうん。そうそう」って
うなづいちゃうこと多いわぁ。
これからも変わらずぼへ~っと生きていきますわ。
そして御託を並べますわ。

| 2004/09/26 3:52 PM |
: さらさ*webmaster: URL: 2005/01/14 15:10[ 編集]

コメントする

+passを入力していただけば、後からご自分で編集・削除できます+










トラックバック URL

| メイン |
08




  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。